8/23(金) 公開直前スペシャル試写会レポート

いよいよ公開が直前に迫った本日、高橋四郎役で出演する飯尾和樹(ずん)に加え、同じ事務所の無二の親友・ウド鈴木(キャイ~ン)が登壇し、公開直前イベントが実施されました。

登場するやいなや、序盤から「ぺっこり45度」をはじめ、ネタが止まらない飯尾に会場は大爆笑。本作はすべての藩士とその家族全員で引っ越さなければならないため、参勤交代をはるかに上回る費用と労力がかかる国替え(=引っ越し)をテーマにした作品。今回のイベントでは星野演じる片桐春之介ら姫路藩士たちが、そんな超難関プロジェクトにあらん限りの知恵と工夫で立ち向かう物語にちなみ、観客が直面している難題にアドバイスする「お悩み相談会」を開催することに。春之介が幼馴染の鷹村源右衛門(高橋一生)や引っ越しを指南する於蘭(高畑充希)らと協力して難関プロジェクトを乗り越えていったように、今回のイベントでも飯尾と同じ事務所であり、無二の親友であるキャイ〜ンのウド鈴木が助っ人として登場しました!

運転免許の教習所に通う女性から寄せられたお悩みは「卒業試験がもうすぐだが、まだ車の運転は緊張してしまい、試験が怖い」という内容。「免許を持っていない」という飯尾に変わってウド鈴木が、「声を出して運転すると心が安らぐかもしれない!僕も緊張すると『天野くん!天野くーん!』と呼ぶんです。好きな人の名前を大声で呼ぶとラブリーな気持ちになるから、リラックスして周り全体を見れると思う!」と相方である天野ひろゆきへの「相方愛」を例に出しながらお悩みに答えました。

そして次に、後方の席に座っていた男性のお悩みを聞くとなんと「東京都からきました!星野源です!」と、主演を務める星野源が会場に登場!すると、星野の登壇を知らされていなかった観客たちからは大歓声と悲鳴が沸き起こり、会場のボルテージはMAXとなりました。「結構僕、後ろの席で待っていました。ずっと見ていましたよ、ラブリーな気持ちになりながら」と飯尾とウド鈴木の奮闘ぶりに星野が賛辞を送ると、ここからは先は星野も一緒に観客のお悩みに答えていくことが告げられました。

「学校の合唱コンクールで指揮と歌を同時にやらないといけなくて、同時にうまくできる方法を教えて欲しい」という女の子のお悩みには「合唱は好きだったから僕もやっていたけど、指揮者はやったことがないな。同時にやるって難しいよね」と星野も頭をひねりつつ、最終的に「歌の振り付けを覚えるときは、同時に覚えるのが一番いいんですよ。体に一番歌とか歌詞が入ってくるから、どちらか片方だけを練習するのではなくて、両方一緒にやるといいかもしれない」と親身に相談にのっていました。

「夏バテがつらい。どう乗り切れば?」という男性からのお悩みには「僕もそれ知りたい」「知りたいですねえ」と登壇者たちからも声が上がり、猛暑が続く日々に参っている様子。「『夏バテ』って言葉自体にストレスを感じるんじゃないですか?『ナイスバッテー!』とかに変えたらいいんじゃないですか?バテることもナイス!みたいな」とウド鈴木から珍回答が繰り出されると、「アップテンポにしてね」と星野も同意し、会場は笑いに包まれました。しかし気持ちの問題では解決しないため、星野は「個人的にはあったかいものを飲んで、食べて、体を内側から温めて、外側は冷やすのがいいんじゃないですか?白湯とかおすすめです」と回答。するとウド鈴木が「白湯しかありませぬが」と劇中で高畑充希演じるヒロインの於蘭が春之介(星野)に白湯を振る舞うシーンを再現し、会場からは拍手が沸き起こる一幕も。「於蘭さんからもらえるなんて最高の白湯ですよね。白湯を飲む!もしこれでダメだったら来週来てださい」と飯尾が締め、お悩み相談は終了しました。

最後に、「みなさんは映画をもうご覧になられたんですよね。どうでしたか?」と星野が客席に問いかけると、「面白かった」という声が続出。観客の反応に満面の笑みの星野は「6年ぶりの主演映画で、素晴らしい役者さんとも共演できて、撮影は大変だったけど、完成した作品は素敵な喜劇に仕上がっていて。時代劇だけれども、時空を超えて、現代の日本に生きる人たちにもしっかり彼らの悩みだったり頑張りが伝わって、勇気を与えることができるのではないかと思います。ぜひ知り合いにもおすすめしてください!」と締め、イベントは大盛りあがりのまま幕を閉じました。