2022年最新ドラマ/映画/電子書籍/バラエティをお得にお届け!HIKKOSHI ▶ MOVIE!

未来への10カウント|あらすじキャストや無料動画配信の視聴方法をまとめて紹介!

未来への10カウントタイトル画像

 

動画配達員
キムタクが絶望から這い上がる主人公を熱演!

 

ドラマ「未来への10カウント」は、主人公を演じる木村拓哉さんが弱小ボクシング部の臨時コーチとなって生徒たちと共に未来を切り開いていく学園スポーツドラマです。

学園スポーツドラマは、木村拓哉さんにとって初めての挑戦となります。

未来への10カウント|無料見逃し配信動画や再放送で見る方法を解説

オススメ動画配信サービスはU-NEXT|特徴-無料体験登録-解約手順

ドラマ「未来への10カウント」の見逃し配信を見られる動画配信サービス(ビデオオンデマンド・VOD)は、U-NEXTです。

U-NEXTのオリジナルドラマや人気ドラマのスピンオフ、バラエティ番組のオリジナルコンテンツも配信されており、ドラマ「未来への10カウント」以外の番組も見放題で楽しむことができます。

 

~ U-NEXT~
特徴-無料体験登録-解約手順

▼ U-NEXT登録-入会方法や特徴の詳細解説はコチラから!
>>U-NEXT月額無料トライアル登録方法-入会方法や特徴について解説
▼ U-NEXT支払い方法ごとの解約手順詳細解説はコチラから!
>>U-NEXT無料期間中の解約手順|無料トライアルでも料金請求あり?

 ネットでは違法にアップロードされた動画が存在しますが、万が一それを見てしまうと法的に罰せられる可能性があります。さらにウイルスに感染し、スマホやパソコンからクレジットカードなどの個人情報が盗まれてしまう可能性もあります。公式配信は安全でこのような心配が一切ないので、安心して視聴することができます!

 

\今すぐタップで無料で見る/

未来への10カウントタイトル画像

U-NEXTで
【未来への10カウント】
を無料視聴

!!お試し期間中の解約で無料!!

 

未来への10カウント|あらすじ

松葉台高校ボクシング部で、過去に4冠を達成した桐沢祥吾(木村拓哉)。

アマチュアボクサーとして順風満帆な人生を送るはずだった桐沢は、大学2年生の試合中にある理由でボクシングを断念してしまいました。

気持ちを切り替え新しい人生を歩もうとしますが、そんな矢先に愛する妻を病気で亡くしてしまいます。

さらに不運が重なり、人生に希望を持てなくなってしまった桐沢は、ピザのデリバリーのアルバイトをしながら暮らしていました。

「いつ死んでもいい」と口にする桐沢は、生きる希望を完全喪失してしまっていました。

 

桐沢の高校時代からの親友の元プロボクサーで現在はボクシングジムを経営している甲斐誠一郎(安田顕)は、そんな桐沢を心配し、母校・松葉台高校ボクシング部のコーチになるように画策します。

恩師である松葉台高校ボクシング部の前監督・芦屋賢三と甲斐の説得で、後ろ向きながらもコーチを引き受けた桐沢。

生徒たちや周囲とぶつかり合いながらも、次第に熱い想いを取り戻していきます。

廃部の危機も迫るボクシング部の立て直しをすることが、桐沢にできるのかーー!?

 

 第1話

高校時代にボクシングで4冠を達成するという輝かしい功績を打ち立てながらも、その後は度重なる不運に見舞われ、今では完全に生きる希望を失ってしまった桐沢祥吾(木村拓哉)。彼はピザの配達アルバイトで食いつなぐ一方、「いつ死んでもいい」と口にする日々を送っていた――。

 そんな彼をなんとか元気づけようとしていたのが、高校時代に桐沢と共にボクシング部で汗を流した親友・甲斐誠一郎(安田顕)だった。だが、あの頃とはまるで人が変わり、頑として明るい未来を想像しようともしない桐沢…。彼の今後を本気で心配した甲斐は、母校・松葉台高校ボクシング部の前監督・芦屋賢三(柄本明)に相談し、桐沢を芦屋の後任に抜擢しようとする。もちろん、桐沢本人は至って後ろ向き。だが、恩師である芦屋から土下座までされた桐沢は、むげに断ることができず、監督ではなく“臨時コーチ”として母校に舞い戻るのだが…。

 松葉台高校は今や、昔と違って東大合格者も出す進学校。芦屋が監督を退いてからというもの、ボクシング部もみるみる弱体化していた。しかも、校長の大場麻琴(内田有紀)は部活承認に必要な部員数を満たしていないことを大義名分に、近々ボクシング部を潰そうと画策! そんな中、突然顧問に任命された折原葵(満島ひかり)も、ボクシングに対する思い入れや知識がまるでなく…。

 熱意がまったく感じられない新コーチと新顧問を目の前に、さまざまな思いに駆られるボクシング部の面々。その矢先、桐沢がかつて4冠を達成した人物だと知った部長・伊庭海斗(髙橋海人)は何を考えたか、いきなり公開スパーリングを申し込み…!?

引用:「未来への10カウント」公式サイト

 

 第2話

 廃部を回避するため何が何でも新入部員を獲得しようと考えた松葉台高校ボクシング部の部長・伊庭海斗(髙橋海人)は、臨時コーチに就任したばかりの桐沢祥吾(木村拓哉)に頼み込み、新入生たちの前で公開スパーリングを敢行。その結果、3名の新入部員が入り、ボクシング部は廃部を免れたのだが…。

 一難去ってまた一難。あろうことか、公開スパーリング中に伊庭が桐沢のパンチを避けきれず負傷していたことが、ボクシング部を潰そうと画策する校長・大場麻琴(内田有紀)の耳に入ってしまったのだ。麻琴はすぐさま桐沢を呼び出し詰問。桐沢は怪我をさせた事実を認め、全責任を取って辞任することを決意する。だが、桐沢のコーチ続投を切望するボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)と伊庭は、全力で麻琴と交渉。そんな彼らの熱い思いは、人生に対してもボクシング部に対しても後ろ向きだった桐沢の心に、かすかな変化をもたらすことに! なんと、これまでは部員たちの練習を眺めているだけだった桐沢が、ついに指導を開始し…。

 そんな桐沢に向かって、ボクシング部の生徒たちがいきなり、2カ月後に開催されるインターハイ予選に出場したいと言い出した! 基本もままならない今のボクシング部には到底無理だと判断する桐沢。だが、部員たちは一歩も引かない。一方、麻琴は「部活動の指導は本校教職員が行うこととする」という、大昔に作られた学校の管理運営規定を持ち出し、桐沢を今度こそクビにしようとし…!?

引用:「未来への10カウント」公式サイト

 

 第3話

2カ月後のインターハイ予選に出場し、強豪・京明高校を倒す…! 無謀ともいえる目標に向かって走り出した松葉台高校ボクシング部。同校の非常勤講師となり、ボクシング部のコーチも続けることになった桐沢祥吾(木村拓哉)は指導に本腰を入れていた。そんな桐沢にある朝、唯一の女子部員・水野あかり(山田杏奈)が「ケンカで勝てるボクシングを教えてください」と、思い詰めた表情で訴えてくる。授業の時間が迫っていた桐沢は、あかりの言動が気になりながらも、「あとで話そう」と言い残し校舎の中へ。だが、この出来事について桐沢から聞いたボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)は「生徒の問題に非常勤の先生は関わらなくていい」と、桐沢の介入をけん制する。

 やがて部活の時間がやって来た。しかし、あかりは基本練習に励む部員たちの前で「インターハイとかどうでもいい。私は強くなれればいい」と言い放ち、桐沢に別メニューの指導を要求。しかも、桐沢と葵から却下されるや、「ボクシング部をやめる」と言って、練習場から飛び出してしまい…!

 まもなくボクシング部のマネージャー・西山愛(吉柳咲良)の証言から、あかりの複雑な家庭環境が明らかになる。母・響子(吉沢梨絵)はあかりの父の死後、銀行員・今宮智明(袴田吉彦)と再婚したが離婚。その今宮が最近、家に押しかけては響子に復縁を迫り、時には暴力も振るうというのだ! 事情を知り、あかりのことを心配する桐沢。だが、校長の大場麻琴(内田有紀)からも「この件は正規の教職員で対応する」と、くぎを刺されてしまい…。その矢先のことだ。なんと桐沢の親友・甲斐誠一郎(安田顕)が経営するボクシングジムに、あかりが現れ…!?

引用:「未来への10カウント」公式サイト

 

 第4話

東大合格者数でもクラブ活動でも京明高校に勝つことに躍起になる松葉台高校の校長・大場麻琴(内田有紀)は、ボクシング部がインターハイ予選で京明に負けたらコーチの桐沢祥吾(木村拓哉)をクビにする、と勝手に決定。ボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)は「そんな約束はしていない」と食い下がるが、麻琴は聞く耳を持たない。

 一方、桐沢とボクシング部員たちは「打倒・京明」を合言葉に、練習に打ち込んでいた。ところが突然、スパーリングをしていた部長・伊庭海斗(髙橋海人)と玉乃井竜也(坂東龍汰)が、まるで乱闘のように激しくぶつかり合いだす。異変を察知した桐沢がよくよく話を聞いてみると…なんと2人はマネージャーの西山愛(吉柳咲良)をめぐり、密かに恋のライバル関係だったことが判明する! しかも、伊庭は部員たちの前で、「リングの中心で西山愛と叫ぶ!」と宣言。これまで誰にも打ち明けることなく、愛への恋心を募らせていた伊庭は、自分にとって高校最後の試合となる今年のインターハイ予選で勝ち、愛に告白すると決めていたというのだ。

 そんな中、葵から特別コーチを依頼された桐沢の親友・甲斐誠一郎(安田顕)は、部員たちを勝たせるため、必殺パンチを伝授する。ところが、桐沢は今の彼らにはレベルが高すぎると判断。中でもボクシングセンスのない伊庭には、基本中の基本であるワンツーパンチのみで戦わせようとするが…。

 そんな中、ついにインターハイ予選の日がやって来た! 恋と高校最後の試合――青春のすべてを懸け、伊庭は運命のリングに上がるが…!?さらにひょんなことから桐沢が葵の自宅を訪れることに…こちらでも恋の予感を感じさせる展開に…!?

引用:「未来への10カウント」公式サイト

 

 第5話

今ではすっかり弱体化した母校・松葉台高校ボクシング部と共に、コーチ・桐沢祥吾(木村拓哉)が背水の陣で挑んだインターハイ予選。だが、ただひとり2回戦へ駒を進めた女子部員・水野あかり(山田杏奈)も、圧倒的に格上の京明高校に破れてしまう。結果はともあれ、全力でぶつかったあかりを心からたたえる桐沢。ところが…!

 京明に負けたことを理由に、松葉台高校の校長・大場麻琴(内田有紀)は桐沢にコーチ解任を宣告。過去に幾度も人生の辛苦をなめてきた桐沢は、早々に「そういう人生だから、どうしようもない」と諦め、コーチおよび非常勤講師を辞めることに…。希望が見えない日々の中で、ようやく得た“生き甲斐”をいとも簡単に手放そうとする桐沢を、なんとか引き留めようとするボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)。部員たちも一方的に告げられたコーチ解任に憤慨する。

 だがそれぞれ、やりきれない思いを抱えつつも、前へ進まなければならない。葵は部員たちを鼓舞するため、元プロボクサーでもある桐沢の親友・甲斐誠一郎(安田顕)に新コーチになってほしいと依頼。桐沢も「お前なら安心して、あいつらを任せられる」と、甲斐にボクシング部の未来を託す。

 ところがその矢先、大阪から凄腕の1年生・西条桃介(村上虹郎)が転校してきて、ボクシング部に入部! 「この中じゃ、俺が一番強いやろうな」と生意気な口を叩く西条、そんな彼の実力を見て「うちのエースになる!」と興奮する甲斐に、部員たちは反感を覚え…。

 そんな中、真面目な1年生部員・江戸川蓮(櫻井海音)が突然、行方不明になった! 警察も動くほどの事態になっていると知った桐沢は心配でたまらず、江戸川を探す。部員の絶体絶命の危機に桐沢はとんでもない行動に出るが…!?

引用:「未来への10カウント」公式サイト

 

 第6話

宅配ピザのアルバイトをしている松葉台高校ボクシング部のコーチ・桐沢祥吾(木村拓哉)はある日、デリバリー先で思わず言葉を失ってしまう。注文主の女性が亡くなったはずの最愛の妻・史織(波瑠)と同じ顔だったからだ!

 一方、ボクシング部はきたる関東大会に向け、練習に精を出していた。そんな中、パンチを当てないスパーリング=マスボクシングをしている最中、部内一の実力を持つ1年生・西条桃介(村上虹郎)のパンチが、同じバンダム級の友部陸(佐久本宝)の目に当ってしまう。相変わらず生意気な西条は謝りつつも、ほかの部員から責められるや、ムキになって友部を見下す始末…。かたや、眼科の診察で目は無傷だったと判明しつつも、もともとボクシングには向いていないと自覚していた友部は意気消沈。西条と試合で当たったら確実に負ける、と涙ながらに吐露する彼を、桐沢は懸命に励ますが…。

 その直後、友部を連れて眼科を訪れていた桐沢とボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)、桐沢の親友・甲斐誠一郎(安田顕)は会計時に思わず息をのむ。何たる偶然か…会計事務をしていたのは史織と同じ顔のあの女性だったのだ! 激しく動揺する桐沢。その姿を見た葵もまた、静かに動揺。さらに、そんな葵に密かに恋心を寄せていた甲斐も、ショックを受け…。

 その矢先、ボクシング部に新たな試練が降りかかる。松葉台高校の校長・大場麻琴(内田有紀)が何を考えたか、勝手に強豪・京明高校ボクシング部との練習試合を取り付けてきたのだ! 「打倒・京明」という大目標をふたたび突きつけられ、大半の部員がビビる中、自信満々の西条。そんな彼らに対し、桐沢は出場メンバーをとんでもない方法で決めると言い出し…!?

引用:「未来への10カウント」公式サイト

 

 第7話

弱小・松葉台高校ボクシング部と強豪・京明高校の練習試合が始まった! コーチ・桐沢祥吾(木村拓哉)が選抜した松高の出場メンバーは苦戦しながらも、全力で京明と対戦。ところが…松高唯一の女子部員・水野あかり(山田杏奈)がインターハイ予選で大敗を喫した奥村紗耶(山本千尋)に再度挑もうとしたその時、予期せぬ事件が起こる。部内一の実力がありながらも桐沢の采配で出場メンバーから外され、試合会場にも姿を見せなかった西条桃介(村上虹郎)が、上級生2人に殴りかかったのだ! 現場を目撃した松高の教師・間地真実(八嶋智人)はすぐさま、校長・大場麻琴(内田有紀)に報告。桐沢とボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)は緊急の呼び出しを食らい、あかりの試合は中止になってしまう…。しかも西条は、桐沢に試合から外されイラついていたと主張。桐沢も自らに責任の一端があると認めたため、ボクシング部は期間未定の活動停止を言い渡されてしまう!

 とんだとばっちりに憤慨し、西条への怒りをあらわにするボクシング部の面々。だが、桐沢はなぜか西条のことを一切責めようとはせず、淡々とした態度で生徒たちを家に帰す。かたや、部員たちの気持ちが痛いほど分かる葵は、桐沢の対応を非難するが…!?

 実は、桐沢にはこの一件でどうにも引っかかることがあり、西条が何かを隠していると察していた。真実を確かめるため、桐沢は自宅謹慎処分になった西条の自宅を訪問。ところが「本当のことを言え」と語りかける桐沢に対し、西条は「そういう大人が一番嫌いやねん」と背を向け…。

 そんな中、“これまでにない方法”で西条やボクシング部と向き合い、完全決裂の危機に陥った部を立て直そうとする桐沢。だが、その先には…“あまりにも残酷な未来”が待ち受けていた――!

引用:「未来への10カウント」公式サイト

 

 第8話

 

引用:「未来への10カウント」公式サイト

 

未来への10カウント|キャスト

ドラマ「未来への10カウント」のキャストをご紹介します。

 

【桐沢祥吾(きりさわ しょうご)/ 役:木村拓哉】
48歳。松葉台高校のOB。高校時代はボクシング部で4冠を達成した経歴がある。大学2年の時の試合中にあったある出来事のためボクシングを断念した。その後も妻を病気で亡くしたり、度重なる不運に見舞われ生きる希望を失っている。ピザのデリバリーのアルバイトで生計を立てているが、いつ死んでもいいと日々口にしている。心配した親友・甲斐誠一郎と恩師・芦屋賢三に依頼され、母校・松葉台高校ボクシング部のコーチとなる。

 

【折原葵(おりはら あおい)/ 役:満島ひかり】
36歳。松葉台高校で古文教師として勤務する。ボクシング部の顧問を押し付けられる形で受けてしまった。最初はボクシング部に関して後ろ向きな姿勢だったが、真面目で知らないことがあると気が済まない性格からボクシングに好奇心が湧いてくる。ボクシング部の生徒たちの熱い想いに触れたことでも、肩入れをするようになる。8歳の息子がいるシングルマザー。コーチに就任した桐沢祥吾と反発しながらも、次第に心が惹かれていく。

 

【甲斐誠一郎(かい せいいちろう)/ 役:安田顕】
48歳。桐沢祥吾の高校時代からの親友。プロボクサーとして活躍後、引退して「甲斐ボクシングジム」を経営。人生に希望を持てない桐沢のために、恩師・芦屋賢三と共に母校のボクシング部コーチになるよう奔走する。折原葵と出会い、好意を持つようになる。

 

【芦屋賢三(あしや けんぞう)/ 役:柄本明】
75歳。松葉台高校ボクシング部の前監督。桐沢祥吾・甲斐誠一郎の恩師。厳しい鬼監督でぶっきらぼうだが、情に厚い。桐沢祥吾の現状を甲斐誠一郎から聞いてボクシング部のコーチとして再出発できるように奔走する。

 

【芦屋珠江(あしや たまえ)/ 役:市毛良枝】
70歳。芦屋賢三の妻、大場真琴の母。おおらかで慈愛に満ちており、桐沢祥吾や甲斐誠一郎を温かく見守っている。

 

【伊庭海斗(いば かいと)/ 役:髙橋海人(King & Prince)】
17歳。松葉台高校3年。ボクシング部部長。廃部の危機にあるボクシング部を必死に守り続けてきた。桐沢がコーチに就任したことを心から喜んでいる。真面目で真っ直ぐな性格で、ボクシングへの熱意は人一倍強い。東大合格も狙えるほどの優等生。

 

【水野あかり(みずの あかり)/ 役:山田安奈】
16歳。松葉台高校2年。ボクシング部唯一の女子部員で、ボクシングへの熱意は男子部員もをしのぐ。強くなりたいという希望の裏には、ある事情が隠されている。

 

【西条桃介(さいじょう ももすけ)/ 役:村上虹郎】
15歳。松葉台高校1年。大阪からの転校生。ボクシング部では誰よりも上手い。中学校1年生の時からボクシングジムに通っており、強いことを自負しているため生意気な言動等でトラブルを起こすことが多い。

 

【友部陸(ともべ りく)/ 役:佐久本宝】
16歳。松葉台高校2年。親から言われてボクシング部に入部したが、弱いままで向いていないと思っている。

 

【西山愛(にしやま あい)/ 役:吉柳咲良】
16歳。松葉台高校2年。ボクシング部のマネージャー。明るく前向きな性格で、部員たちから高い人気がある。

 

【江戸川蓮(えどがわ れん)/役:櫻井海音】
15歳。松葉台高校1年。真面目で気が弱いところがある。

 

【天津大地(あまつ だいち)/ 役:阿久津仁愛】
15歳。松葉台高校1年。ボクシング部員。

 

【森拓己(もり たくみ)/ 役:大朏岳優】
15歳。松葉台高校1年。ボクシング部。

 

【日比野雅也(ひびの まさや)/ 役:馬場徹】
35歳。松葉台高校の数学教師、進学担当、プログラミング部の顧問。全国模試の結果など、生徒たちの成績をいつも気にしてばかりいる。

 

【坂巻勝夫(さかまき かつお)/ 役:オラキオ)】
45歳。松葉台高校の保健体育教諭、体操部の顧問。周囲にすぐ同調する。他の教師と共に桐沢祥吾を爪はじきにしようと画策する。

 

【間地真実(まじ まさみ)/ 役:八嶋智人】
48歳。松葉台高校の化学教師で、将棋部の顧問。桐沢祥吾がコーチになるまではボクシング部の顧問だった。個人的な過去からボクシングを嫌悪しており、桐沢祥吾らボクシング部関係者に嫌味を連発する。

 

【大野倫子(おおの りんこ)/ 役:富田靖子】
45歳。松葉台高校の英語教師。折原葵が信頼して話ができる相手。桐沢祥吾にも友好的で、ボクシング部も応援している。

 

【大場真琴(おおば まこと)/ 役:内田有紀】
47歳。松葉台高校の校長。ボクシング部の前監督・芦屋賢三の実の娘。自らも松葉台高校の出身でボクシング部マネージャーをつとめていたが、現在は日本一の進学校にすることを目標に掲げており、ボクシングには否定的。ボクシング部を廃部にしようと画策している。

 

【猫林はじめ(ねこばやし はじめ)/ 役:生瀬勝久】
54歳。松葉台高校の教頭。校長の大場真琴の言うことには絶対服従している。ボクシング部を廃部にするために、様々な口実を探し回っている。

 

未来への10カウント|原作

ドラマ「未来への10カウント」は、オリジナルストーリーなので原案はありません。

「未来への10カウント」の脚本は、福田靖さんが手掛けています。

福田靖さんと木村拓哉さんのタッグは3回目です。

過去には、2001年から2015年の「HERO」シリーズ・2008年の「CHANGE」があります。

 

未来への10カウントタイトル画像

U-NEXTで
【未来への10カウント】
を無料視聴

!!お試し期間中の解約で0円!!

 

未来への10カウント|主題歌

ドラマ「未来への10カウント」の主題歌は、B’z『COMEBACK-愛しき破片-」です。

主題歌のオファーを受けて、B’zの稲葉浩志さんはドラマ内容を把握した上で制作した楽曲になっています。

ドラマの内容に寄り添う歌詞や曲調に仕上がっており、主演の木村拓哉さんは撮影現場では”現場のエネルギー”、視聴者にとっては”人生のエネルギー”になる曲だとしています。

 

  未来への10カウント視聴率

歴代木9ランキングも!

  動画配達員 キムタクが初挑戦した 学園スポーツドラマ! 視聴率はどうなっている? ドラマ「未来への10カウント」は、生きる希望を失った男が弱小化してしまった母校の高校ボクシング部にコーチと[…]

未来への10カウント視聴率タイトル画像

まとめ

ドラマ「未来への10カウント」では、人生に絶望した男性が、廃部寸前の高校ボクシング部を立て直していく中で、希望を再びつかむストーリーです。

主演の木村拓哉さんはじめ、豪華な俳優陣も見逃せません。

ボクシングを通じて人生の希望を見出していく姿も見どころです。

ドラマ「未来への10カウント」は、U-NEXTの無料トライアルを利用すれば第1話から最終回まで全話見ることができます。

無料トライアル期間中に解約すれば、料金は一切かからないのでぜひお試しください。