2022年最新ドラマ/映画/電子書籍/バラエティをお得にお届け!HIKKOSHI ▶ MOVIE!

ちむどんどん|モデルは誰?いるの?村や店舗に食べ物など調査してみた!

ちむどんどん⑤画像

 

動画配達員
ヒロイン・暢子にモデルはいるの?
実在の人物?
連続テレビ小説「ちむどんどん」は、沖縄のやんばる地域出身のヒロインが上京し、料理人として自分の店を持つ夢をかなえていく物語です。
ヒロインは比嘉暢子、女優の黒島結菜さんが演じています。

実際に沖縄料理の人気店はたくさんありますし、モデルがいてもおかしくないですね。

「ちむどんどん」のヒロイン・暢子のモデルが実在するのか調査しました。

物語に出てくる村や店舗、食べ物についてもご紹介しています。

暢子のモデルは?

原作

「ちむどんどん」の原作にヒントがないか、まずは調査しました。

調査の結果、「ちむどんどん」は原作はなく実話も存在していないようです。

「ちむどんどん」は、脚本家の羽原大介さんが書き下ろした、完全オリジナル作品でした。

でも、元になるモデルがいてもおかしくはないですね。

モデルは誰?

「ちむどんどん」のヒロイン・暢子と同じように沖縄から上京して、料理人として沖縄料理のお店を出した女性が物語の設定の1970年代にいるかどうか調べてみました。

いろいろ探してみましたが、「ちむどんどん」のヒロイン・暢子のモデルと確定できる人物はいませんでした。

羽原大介さんが作ったオリジナルキャラクターであるといえます。

残念…

でも、当時沖縄から横浜鶴見に移住した人は多く、暢子のように沖縄料理のお店を開いた人はいたと思います。

故郷を離れても、地元の味が忘れられないという人の需要は高かったはずですね。

料理

ヒロイン・暢子のモデルは確定できませんでしたが、「ちむどんどん」に出てくる暢子の料理のモデルは存在するようです。

「ちむどんどん」で料理監修をしている『オカズデザイン』のご夫婦にヒントがあります。

『オカズデザイン』は、吉岡秀治さんと奥さんの知子さんの2人が料理監修を担当しています。

「ちむどんどん」の暢子のアイデア料理のレシピは、知子さんが行っているそうです。

知子さんは今回の料理監修に当たって、実際に沖縄に行って取材もしてきています。

そのため、当時の食材をできるだけ使ったドラマでのレシピを考案しています。

比嘉家の食卓の風景が暢子の料理人としての原点となっていたり、作中ではレシピのない料理が登場するため、知子さんはオーダーを受けてレシピを作成しています。

「ちむどんどん」の料理のモデルは、吉岡知子さんと言っても過言ではありません。

これまでも『オカズデザイン』では、朝ドラ「てっぱん」や「半分、青い」の料理監修もしてきています。

 

面白い?面白くない?

  動画配達員 ちむどんどん、本当に胸がドキドキするほど面白い? 連続テレビ小説「ちむどんどん」が、面白いという人と面白くないという人に分かれているようです。 「ちむどんどん」は本当は面白いのか[…]

ちむどんどん世間の声タイトル画像

 

視聴率速報

  「ちむどんどん」は、沖縄の本土復帰50年を記念して作られた、沖縄料理に夢を掛けるヒロインの物語です。 物語は本土復帰前の沖縄本島北部のやんばる地区で、食べることが大好きなヒロイン・比嘉暢子の幼少期から始まり[…]

ちむどんどん視聴率タイトル画像

 

横浜鶴見区

ちむどんどんの背景

「ちむどんどん」で、ヒロイン・暢子が横浜鶴見区に住んだことにはきちんとした根拠があります。

横浜鶴見区には、沖縄出身者の人が職を求めて多く移住してきていました。

横浜市鶴見区には、日本有数の工業地帯・京浜工業地帯があったため、人手が必要でした。

沖縄では収入が安定しなかったため本土に渡り、働き始めても他の人がいやがるようなキツイ・辛い仕事をせざるを得なかったのです。

しかし高度成長期には、沖縄からの移住者は飛躍的に伸びています。

横浜市鶴見区から川崎市川崎区周辺では、4万人規模の沖縄からの移住者を受け入れた地域として知られています。

現在も、当時の移住者や二世・三世が多数暮らしています。

横浜市鶴見区には、鶴見駅周辺にある仲通や潮田街周辺にある沖縄タウンと呼ばれる場所があります。

沖縄タウンの中心になっているのは、仲通商店街です。

今の沖縄タウンは、沖縄の文化や沖縄グルメが人気の場所となっています。

沖縄からの移住者の団結

横浜市鶴見区に沖縄から移住した人たちは、強い団結力もありました。

故郷を離れ、辛い仕事に明け暮れる日々の中、一緒にいることが必要とされたのです。

差別を受けることもあったようです。

横浜市鶴見区の沖縄県人は自分で仕事を始めようとしても、銀行が相手にしてくれなかったといいます。

そのためみんなが集まって、小口金融のための『モアイ』という沖縄独特の自給自足の組織が誕生・発展しました。

「ちむどんどん」のヒロイン・暢子は、自分のお店を出しますが、まとまったお金が必要になります。

もしかしたら、『モアイ』などの沖縄出身者たちからの協力も描かれそうですね。

 

あらすじ・キャスト

動画配達員 「ちむどんどん」とは、沖縄の方言で、 「胸がわくわくする気持ち」という意味   連続テレビ小説「ちむどんどん」は、沖縄の本土復帰50年を記念して作られたドラマです。 食べることが大[…]

ちむどんどんヘッド

 

ちむどんどん反省会の詳細はコチラ

  動画配達員 朝ドラ史上初!? ちむどんどん反省会が発足! 連続テレビ小説「ちむどんどん」が、なんと不評過ぎてひどいと話題になっています。 朝ドラ史上…いやドラマ史上初の視聴者による『反省会[…]

ちむどんどん反省会画像

 

ちむどんどん炎上?

動画配達員 ちむどんどんが猛炎上! 理由はなぜ? 連続テレビ小説「ちむどんどん」は批判が多すぎて、毎回の放送後には『ちむどんどん反省会』というハッシュタグでSNSの投稿が相次いでいます。 ネッ[…]

ちむどんどん炎上画像

 

村や店舗と食べ物

「ちむどんどん」の沖縄の舞台は、ヒロイン・暢子の故郷である山原村(やんばるそん)です。

しかし、山原村という村は実在していません。

物語の設定で、架空の村として登場しています。

有名な『やんばる』という言葉を使っているので、沖縄北部の『やんばる地区』をモデルにしているのは間違いないですね。

『やんばる』には、山々が連なり森が広がる地域という意味があります。

地域としては、亜熱帯照葉樹林の森が広がる沖縄島北部を示します。

ヤンバルクイナとか、希少な動植物なども生息していることでも有名です。

店舗

沖縄から上京してきた信子が就職した、銀座の店舗『アッラ・フォンターナ』も実在していません。

撮影もスタジオにつくられたセットで行われています。

外観から内装まで、細部に凝ったセットが組まれています。

暢子とオーナーの料理対決や、周りとの関係がいろいろ描かれています。

実際にある店舗だったら、絶対に行ってみたくなりますね。

『アッラ・フォンターナ』のモデルとなる店舗も探しましたが見つかりませんでした。

脚本を担当した、羽原大介が言っているお店かもしれません。

出てきた食べ物

「ちむどんどん」では、ヒロイン・暢子が食いしん坊で料理人となるということから食べ物がたくさん出てきます。

沖縄の比嘉家での食卓にも、おいしそうな家庭料理がたくさん出てきました。

それぞれの料理を振り返ってみます。

【ゴーヤチャンプルー】
沖縄でよく食べられている、ポピュラーな料理です。
今では全国でも家庭料理として人気で、沖縄を代表する郷土料理ですね。
チャンプルーはごちゃ混ぜにするという意味があります。
【マース煮】
「ちむどんどん」の中で、山原村の共同売店の善一さんからの魚のおすそ分けをしてもらった時、比嘉家の晩御飯で登場しました。
マースは塩を意味していて、マース煮は魚の塩蒸しで沖縄の代表的な魚料理のひとつです。
【イカスミ汁・イカスミジューシー】
東京から引っ越してきた和彦とお父さんを比嘉家に招待した時に、ごちそうとして出された料理です。
イカの身と豚肉を煮込んで、イカスミを混ぜ合わせます。
【沖縄そば】
「ちむどんどん」では比嘉家のお父さん直伝の手打ち沖縄そばとして登場し、それを受け継いだ暢子の得意料理として描かれます。
沖縄では過程で手づくりされるほど、ポピュラーな料理です。
【クーブイリチー】
ヒロイン・暢子と文通していた和彦が、手紙の中で思い出の沖縄料理として名前を挙げています。
クーブイリチーは、昆布を使った沖縄料理で、千切りにした昆布を炒め蒟蒻や豚肉などを合わせて煮込みます。
昆布とよろこぶをかけて、ハレの日に食べられます。
【タンナファクルー】
就職のことで悩んでいた暢子が、友達と話しながらつまんでいたお菓子です。
黒糖・小麦粉・卵で作られた、素朴な沖縄のお菓子です。
【ヒラヤーチー】
比嘉家の晩御飯にも登場しました。
小麦粉を卵と出汁で溶いたものに、ネギやニラを加えて焼くシンプルな料理です。
沖縄風お好み焼き・沖縄風チヂミなどと呼ばれることもあります。
どの沖縄料理も、本当においしそうですよね!
簡単に作れる料理もあるので、ぜひ試してみてください。

朝ドラ|ちむどんどんの視聴方法

連続テレビ小説「ちむどんどん」を観るなら、動画配信サービス(ビデオオンデマンド・VOD)を利用するのがおすすめです。

動画配信サービスを利用すれば、いつでもどこでも様々な端末(デバイス)を利用して視聴することが可能です。

 

さらに連続テレビ小説「ちむどんどん」だけではなく、人気や話題の映画・ドラマ・アニメ・バラエティ作品なども見放題になり、より楽しいエンタメライフを送ることができます。

 

連続テレビ小説「ちむどんどん」をはじめNHK作品を見るのにおすすめなのは、U-NEXTです。

U-NEXTでは、NHKまるごと見放題パックがあり、ポイントを利用すると実質無料でNHK作品の連続テレビ小説「カムカムエブリバディ」をお得な料金で見放題で見ることができます。

~ U-NEXT ~
特徴-無料体験登録-解約手順 ~

▼ U-NEXT登録-入会方法や特徴の詳細解説はコチラから!
>>U-NEXT月額無料トライアル登録方法-入会方法や特徴について解説
▼ U-NEXT支払い方法ごとの解約手順詳細解説はコチラから!
>>U-NEXT無料期間中の解約手順|無料トライアルでも料金請求あり?

 ネットでは違法にアップロードされた動画が存在しますが、万が一それを見てしまうと法的に罰せられる可能性があります。さらにウイルスに感染し、スマホやパソコンからクレジットカードなどの個人情報が盗まれてしまう可能性もあります。公式配信は安全でこのような心配が一切ないので、安心して視聴することができます!

 

cta04
無料トライアル期間中の
解約で費用0円!!

まとめ

連続テレビ小説「ちむどんどん」のヒロイン・暢子のモデルがいるのかどうかや、村や店舗・食べ物などについて詳しく調査しました。

これを読んで、さらに「ちむどんどん」を楽しんでいただければと思います。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。