2022年最新ドラマ/映画/電子書籍/バラエティをお得にお届け!HIKKOSHI ▶ MOVIE!

ドクターホワイト(小説)登場人物 あらすじがスゴイ!電子書籍で無料で読もう!

小説「ドクターホワイト」は、小説家の樹林伸さんによる書き下ろしシリーズ小説です。

現在までに「千里眼のカルテ」「神の診断」「心の臨床」の3巻が刊行されています。

 

動画配達員
渡辺美波さん主演で、ドラマ化もされました!

 

ドラマ「ドクターホワイト」

  2022年5月10日現在の情報です   動画配達員 浜辺美波さんが、謎の女性を演じているのも貴重な医療コメディ!ファン見逃し厳禁ドラマです!  […]

ドクターホワイトヘッドu-next引用

 

謎の美少女・白夜を中心に描かれる医療ミステリーです。

人気マンガ原作者でもある樹林伸さんの小説ということから、発刊されてからおもしろいと瞬く間に評判になりました。

 

樹林伸さんは、「金田一少年の事件簿」や「神の雫」などの原作を手掛けていることでも有名です。

その樹林伸さんの渾身作、小説「ドクターホワイト」全3巻をお得に読む方法をご紹介します。

電子書籍

電子書籍が断然便利

小説「ドクターホワイト」は、大人気漫画として多くの電子書籍のサービスで配信されています。

 

スマホなどの様々な端末から、いつでもどこでも楽しめる電子書籍は本当に便利です。

特に小説は指一本でページをめくれるだけではなく、文字も拡大することができます。

いつも手元にあるスマホで、好きな時に読めるのはやっぱり電子書籍ですね。

 

「ドクターホワイト」のように、先が気になりサクサク読みたいような小説は音声を聞く必要がなく、持ち運びに場所をとる雑誌や単行本よりも、電子書籍で見るのが圧倒的に便利です。

 

集中して読みたい時は自宅や自分の部屋でじっくり、あらすじだけでも飛ばし読みしたい時は外出先でも手軽にと、自分が読みたい方法や場所を選ぶことができます。

 

無料で全巻読む方法は?

小説「ドクターホワイト」を、全巻無料で読み切ることができるサービスは現在のところありません。

ただ、電子書籍の配信サービスでは、1巻無料やポイントを利用して無料で読めたりします。

複数の電子書籍の配信サービスを使って、1巻ずつ無料で見る方法を使えば、自分で負担する購入料金なしで全巻読み切ることも可能な作品もありますが、「ドクターホワイト」は人気が高く無料で読めるサービスを行っているところはありません。

 

おすすめの配信サービス

複数の電子書籍の配信サービスを駆使すれば、小説「ドクターホワイト」の立ち読みなどである程度のあらすじを読めたりしますが、かなりの労力と時間を使ってしまうのも現実的なところです。

結果として無料で見ることができないので、はっきり言って面倒くさいというやり方になります。

 

それぞれのサービスに登録したり解約したりするのも、手間暇がかかり管理も大変です。

 

そこでおすすめなのが、ebookJapanかコミックシーモアがオススメ、そしてイチ押しはebookjapanです。

ebookjapanなら小説「ドクターホワイト」を半額で購入できたり、キャンペーンやクーポンで安くなる機会も多いんです。

 

新刊を購入すると1巻836円もするところが半額で購入でき、しかもずっと自分のものとして読み続けることができます。

 

ebookjapanは無料の会員登録をするだけで、読み放題になる作品が格段に多くなりお得です。

ebookjapan(イーブックジャパン)では、小説「ドクターホワイト」を半額の418円で購入することができます。

 

こちらも大変お得になっていますね。

 

~ebookJapan~
特徴-無料体験登録-解約手順

▼ ebookJapan登録-支払い方法や特徴の詳細解説はコチラから!
>>ebookjapan登録方法-支払い方法|特徴やお得な魅力を解説
▼ ebookJapan退会手順のややこしい悩みをすっきり解決したい方はコチラから!
>>ebookjapan退会解約-アカウント完全削除方法|ややこしい悩み解消

 ネットでは違法にアップロードされた漫画が存在しますが、万が一それを見てしまうと法的に罰せられる可能性があります。さらにウイルスに感染し、スマホやパソコンからクレジットカードなどの個人情報が盗まれてしまう可能性もあります。公式電子書籍サイトでの配信は安全でこのような心配が一切ないので、安心して読むことができます!

 

ebookJapanに無料登録

 

ドクターホワイト

あらすじ

早朝の公園で、裸と裸足にたった一枚の白衣を身につけただけの美しく若い女性が発見された。

 

発見者は、なにかの事件に巻き込まれたと思いこみ、幼なじみのいる病院に連れて行く。

女性は「白夜」という自分の名前以外、自分のことは何も話そうとしない。

 

謎だらけの白夜は、社会性が全くなく一般常識さえ通用しない。

しかし現役医師をも凌駕する底知れない医学知識を持っていた。

 

病院の立て直しのために発足されたチーム・CDT(総合診断協議チーム)に抜てきされた白夜は、驚異的な医療知識で次々と危険な患者に誰よりも正しい診断を下していく。

白夜の正確な診断のおかげで、病院はそれまでの経営危機から再建に向かっていく。

 

しかし白夜の正体は謎に包まれたままで、どこで生まれどう育ったのかも全く足取りがつかめないままだった。

やがて白夜は、ある特別な環境で育ったことが判明する。

それは犯罪と言える組織がつくった、神に反する行いを実施している施設だった。

 

巨額の富をつかんだ者だけが、自らのためにその施設を利用していた。

法的にも道義的にも医学的にも宗教的にも、世界では許されていない医療技術を開発する組織。

 

白夜の存在が公になると、国家をも揺るがす事態となってしまう。

戸籍さえ持たない白夜を救ったのは、彼女にかかわった多くの人々であった。

 

そしてさらに、闇の組織の陰謀も明かになっていく。

 

登場人物

小説「ドクターホワイト」に出てくる登場人物について、ご紹介していきます。

それぞれの特徴も個性的な設定です。

 

  • 白夜(びゃくや):正体不明の謎の美少女。推定年齢18~19歳。公園で裸に白衣一枚の姿で発見された。驚異的な医学の知識を持ち、医者の診断を医学的な根拠を示して誤診と見抜く。名前以外の過去の記憶について一切話すことがなく、社会性や一般常識は全く分からない、幼児のような知識しかない。後に雪村白夜と名乗る。
  • 狩岡将貴(かりおか まさき):出版社の編集者。公園で白夜を発見し保護する。医学の知識は医師以上だが、それ以外に何もわからない白夜を同居させ教えていく。白夜にひそかに想いを寄せている。
  • 高森麻里亜(たかもり まりあ):高森総合病院の医師で創立者の孫。父は院長を務める。白夜を最初に診察した医師でもある。将貴とは中学校以来の親友とも呼べる仲である。病院経営の立て直しのために奔走している。
  • 狩岡晴汝(かりおか はるな):将貴の妹。看護師になるため看護学校に通っているが、脳の病気のため休学している。もともと明るい性格で、白夜の世話を焼く。
  • 高森勇気(たかもり ゆうき):麻里亜の兄で医師。高森総合病院で優秀な医師として働いていたが、突如行方不明になる。白夜の過去を知るキーパーソン。
  • 奥村淳平(おくむら じゅんぺい):将暉の友人で刑事。公にできない白夜の正体について調査するよう将暉に相談され、協力する。

 

注目すべきは、行方不明になっている高森勇気という医師の存在です。

勇気は白夜を死の危険から救い出し、計画的に将暉に託した張本人です。

 

また、登場人物の間で繰り広げられる軽快なやり取りや、白夜が誤診を指摘していくときの医師への論破する姿も圧巻です。

 

白夜という美少女がいったい何者なのか、そこに潜む大きな影の組織の存在も明かになっていきます。

 

白夜の素性は影に満ちたものですが、将暉をはじめとする周囲との温かい受け入れによって、徐々に人間らしい感情を覚えていく成長の姿が見られます。

重くなりがちなテーマを軽快に読めるエンターテイメントとして描いていく、作者・樹林伸さんの医学知識や筆力にも驚嘆します。

 

ドクターホワイトの意味

小説「ドクターホワイト」の意味は、最初は主人公・白夜が医師が着る白衣をまとい透き通るような肌を持っている美少女であることから名づけられたのだと思いました。

 

しかし、もう一つの意味があります。

”ドクターホワイトコール”です。

 

小説「ドクターホワイト」の冒頭で語られていますが、”ドクターホワイトコール”は医療従事者の間で使われている隠語になります。

”ドクターホワイトコール”は、患者が急変した時に駆け付けられる医療従事者を集合するために使われています。

 

小説「ドクターホワイト」でも、白夜という謎の少女のために医師や関係者たちが集合し、協力しながら白夜の正体を突き止めて行ったり成長を促したりする物語としての意味を持っていると解釈できます。

 

原作者

小説「ドクターホワイト」の原作は、小説家でもあり、漫画原作や脚本家としても活躍している樹林伸さんです。

樹林伸さんのくわしいプロフィールや経歴をご紹介します。

 

【樹林伸(きばやし しん)】
* 生年月日:1962年7月22日
* 出身地:東京都武蔵野市
* 血液型:O型
* 出身校:東京都立武蔵高等学校、早稲田大学政治経済学部 卒業
* 経歴:大学卒業後は講談社に入社しマンガ編集に従事する。1999年講談社を退社後、原作者として活動を開始。代表作に「金田一少年の事件簿」「探偵学園Q」「サイコメトラーEIJI」「[神の雫」など。「神の雫」では、フランス政府芸術文化章シュヴァリエを受章している。姉はノンフィクション作家の樹林ゆう子。

 

フランス政府の受章を受けている樹林伸さんは、本当に知識も豊富でたぐいまれな才能を持っています。

「金田一少年の事件簿」は、アニメ化もドラマ化もされて、マンガだけではなく多くの人に愛されている作品です。

 

動画受取人
ドラマ「ドクターホワイト」の見放題サービス情報も見逃せません!

 

ドラマ「ドクターホワイト」

  2022年5月10日現在の情報です   動画配達員 浜辺美波さんが、謎の女性を演じているのも貴重な医療コメディ!ファン見逃し厳禁ドラマです!  […]

ドクターホワイトヘッドu-next引用

 

まとめ

この記事では、小説「ドクターホワイト」のあらすじや登場人物、「ドクターホワイト」の意味や作者についてと、お得に読み放題になる電子書籍サイトeBookJapan(イーブックジャパン)についてご紹介しました。

最初は謎だらけでな主人公・白夜が、次第に人間性に目覚めて成長していったり医師をはるかに超える医療知識を持って患者を救うところや、奇想天外でスケールの大きい作品設定になっています。

医療技術についてだけではなく、謎解きも楽しめる小説「ドクターホワイト」、全巻をeBookJapan(イーブックジャパン)でお得にお読みください。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。