2022年最新ドラマ/映画/電子書籍/バラエティをお得にお届け!HIKKOSHI ▶ MOVIE!

引っ越し大名三千里(小説)無料で読もう!実在した主人公や実話あらすじを調査してみた

 

動画配達員
映画「引っ越し大名!」の原作で、名作中の名作小説です!
そんな引っ越し大名三千里を原作とした映画「引っ越し大名!」を無料で視聴できる詳しい方法は、下記からご覧いただけます。

 

引っ越し大名!

https://youtu.be/IykzguQkpeE   動画配達員 【引っ越し大名!】はとにかくキャストが超豪華で歴代最高のコメディ時代劇映画、隠れた超名作といっても過言ではありません! &nbs[…]

 

小説「引っ越し大名三千里」の作者は土橋章宏(どばし あきひろ)さん、小説家のほかに脚本家・放送作家としての顔も持っています。
映画「引っ越し大名!」の脚本も、土橋章宏さんが担当しました。

この記事では、原作小説「引っ越し大名三千里」をお得に読む方法を徹底調査しご紹介しています。

 

\引っ越し大名三千里を今すぐ無料で読む/

※ 解約はいつでも可能です

電子書籍

無料で読める電子書籍サイトはどこ?

小説「引っ越し大名三千里」を無料で読むことができる電子書籍サイトは、現在のところありません。

人気作家の作品で一流の小説であるため、電子書籍で購入して読むのが手軽で便利です。

 

電子書籍サイトの中でも、最も安く小説「引っ越し大名」を読むことができる電子書籍サイトを調査してご紹介します。

 

eBookJapan

小説「引っ越し大名三千里」を一番お得に読めるのが、eBookJapan(イーブックジャパン)です。

eBookJapan(イーブックジャパン)では、初回購入が半額になるサービスがあります。

 

新刊が出ると、それ以前の作品はさらに割引になるのでとってもお得な料金で作品を購入することが出来ます。

最新情報では、小説「引っ越し大名」は定価660円のところ、クーポンを利用して半額の330円で読むことができます。

文庫で購入すると660円もする小説が、半額料金でずっと安く手に入れることが出来ます。

 

電子書籍なので、スマホやタブレットでいつでもどこでも好きな時にサッと読めるのも魅力です。

購入なので、ずっと自分の本棚にある書籍として何回でも読み返すことができます。

 

会員登録をしなくても読み放題

eBookJapan(イーブックジャパン)では、会員登録をしなくても無料で読める作品が豊富にそろっています。

さらに会員登録をすれば、読み放題作品が格段に多くなります。

eBookJapan(イーブックジャパン)の会員登録は、無料で行うことができます。

 

会員登録をしなくても無料で読める作品はありますが、無料の会員登録をするだけで読み放題になる電子書籍が格段に増えます

つまりタダで読み放題になるマンガや小説・雑誌などが、eBookJapan(イーブックジャパン)に登録すればたくさんあるということになります。

 

eBookJapanは、マンガなどのコミックがとても充実していますが、「引っ越し大名三千里」のような小説も読むことができます。

エンタメ性が高いのがeBookJapanだとも言え、いつでもどこでも気軽に読めるマンガや小説が豊富にそろっています。

 

特徴

eBookJapan(イーブックジャパン)に登録すると、お得なサービスをたくさんもらうことが出来ます。

 

  • 購入以外は無料で読み放題
  • マンガが豊富にそろっている
  • たくさんのセールやクーポンがもらえるので、コミックや小説などの電子書籍がお得な料金で購入できる
  • 内容がよく分かる、長めの試し読みができる

 

eBookJapan(イーブックジャパン)は、コミック好き・本好きにはたまらないパラダイスです。

eBookJapan(イーブックジャパン)への無料会員登録は、コチラから行うことが出来ます。

 

\引っ越し大名三千里を今すぐ無料で読む/

※ 解約はいつでも可能です

引っ越し大名三千里

あらすじ

江戸時代前期に実在した、”引っ越し大名”とあだ名された松平直矩(まつだいら なおのり)は、幼少期から国替えばかりを命ぜられていました。

 

その54年間の生涯の中で徳川幕府の命令で7回も国替えをさせられました。

もともと直矩は、徳川の直系である直基系越前松平家の2代目という由緒正しい系譜の持ち主です。

 

父・松平直基は、越前国大野藩主から出羽国山形藩へ国替えを命じられ、さらに播磨国姫路藩への国替えで移動する途中で亡くなってしまいました。

父・直基の死因は、度重なる国替えによる心労がたたったものとも言われています。

 

直矩はわずか5歳で家督を継ぎ、姫路藩主となりますが、翌年にはまた国替えを命じられています。
理由は姫路藩は西国の防御の要の地であるのに対し、直矩が幼すぎるという理由でした。

そのため姫路藩に腰を落ち着けることなく、北の地・越後国村上藩に国替えをしなければならなくなりました。

成人した1667年に、再び姫路藩に復帰することが出来ましたが、他藩(越後高田藩)のお家騒動(越後騒動)の調整を買って出たことが裏目となってしまい、15万石から半分以下の7万石に減らされた上、豊後国日田藩への国替えを命じられてしまうことになります。

 

映画「引っ越し大名!」では、ここまでの直矩の”引っ越し大名”ぶりが描かれています。

 

さらに日田藩についてまもなくの4年後には出羽山形藩、6年後には陸奥国白河藩への国替えを命ぜられます。

日田藩に国替えをしたころから、3万石・5万石と増やしていき、最終的な白河藩では元の15万石まで格式を取り戻しましたが、あまりにも多すぎる国替え費用が嵩んで莫大な借金を負っていたと言われています。

 

「引っ越し大名三千里」では、この国替えの途方もない巨額の費用捻出のためにリストラや家財処分、藩士の体力づくりなどに奮闘する”引っ越し奉行”の片桐春之介(かたぎり はるのすけ)が登場します。

 

片桐春之介は、それまで書庫番として人付き合いもほとんどしない引きこもり藩主で、あだ名は”カタツムリ”でした。

それまで”引っ越し奉行”を担当していた板倉重蔵は度重なる国替えの激務で亡くなってしまい、突如として”引っ越し奉行”に取り立てられます。

国替えの知識が全くない春之介は断りますが、切腹をちらつかされてしまい、”引っ越し奉行”を引き受けざるを得なくなります。

 

”カタツムリ”と呼ばれた引きこもり侍の春之介は、板倉の娘・於蘭(おらん)の協力で、藩士のリストラや茶器や書籍などの処分で荷物を極限まで減らすなどの策で何とか国替えを成功させようとします。

唯一の親友ともいえる幼なじみで力自慢の鷹村源右衛門(たかむら げんえもん)や、春之介の懸命な姿に共感した中西監物(なかにし かんもつ)の協力もあり、足りない費用を羽振りの良い商家から借り入れるなどでまかないます。

 

前”引っ越し奉行”板倉の娘・於蘭との恋や結婚も描かれています。

江戸時代の藩主にとって一大事の国替え、しかも何度も命ぜられて”引っ越し大名”とまで言われた松平直矩の窮地を救った、春之介の奮闘記です。

 

登場人物

小説「引っ越し大名三千里」の主な登場人物についてご紹介します。

 

  • 片桐春之介 / 姫路藩の書庫番として引きこもりのような生活を送っていたが、それだけ本が好きなら国替えの知識も豊富だろうということから突然”引っ越し奉行”を命ぜられる。国替えについての知識ゼロから、のちに妻となる於蘭や親友・同僚の協力を得て、大役の”引っ越し奉行”の任務を遂行する。実は人柄が良く、そこに魅せられた者が協力していく。
  • 鷹村源右衛門 / 春之介の幼なじみで親友。姫路藩の御刀番で力自慢。”引っ越し奉行”に春之介を推薦した。陰日向なく春之介や藩主・直矩を支える。
  • 松平直矩 / 松平を名乗る直系でありながら、何度も国替えを命ぜられてしまい、石高も削られてしまうという不遇に合う。姫路藩主としてはのほほんとした部分もあり、鷹狩りや観劇などの興ずる部分もある。美少年好きという一面もある。
  • 中西監物 / 姫路藩の勘定頭。春之介の仕事に非協力的な上司を持っていたが、懸命な春之介の姿に共感して自ら”引っ越し奉行”に協力する。武士にお金を貸しても踏み倒されるという風潮の中、お金を貸してくれそうな商家のリストを作り春之介を助ける。
  • 於蘭 / 春之介の前の”引っ越し奉行”の娘。国替えの仕事を一手に押し付けられ、激務の末父は亡くなったと思い藩を恨んでいた。しかし春之介の人柄に感銘を受け、父が遺した国替えのための書物”御渡方賀覚書十ヶ條”を渡して協力する。国替えが行われるとき、春之介と結婚し日田藩にともに移る。

 

国替えばかりさせられて、財政は火の車というのに、鷹狩りに興じたりする藩主・直矩や、特に仕事らしいこともせずに書庫番として引きこもっていた春之介が妙にのんびりなところもおもしろさを感じます。

しかし”引っ越し奉行”という一大事を引き受けてしまい、苦手だった人付き合いも克服し成長していく春之介の姿に、現代社会と通じるものを感じます

 

春之介は実在した?

小説「引っ越し大名三千里」の主人公・片桐春之介は、実在の人物なのでしょうか?

 

実は春之介は、作者・土橋章宏さんが創作した架空の人物です。

フィクションとはいえ、土橋章宏さんが江戸時代の侍を調べ上げ、実際に春之介のような人物が数多くいたことから、それら名もない侍たちの成長記として制作されました。

 

江戸時代には、家督を継ぐ長男以外の次男以下の人物たちは、仕事もなく邪魔者扱いされていたケースが多かったそうです。

春之介のようにひたすら読書に没頭したり、写経をしたりする引きこもりになって人生を送っていたそうです。

 

作者の土橋章宏さん自身も引きこもり体質を持っており、その部分も春之介に投影して小説「引っ越し大名三千里」を描いたそうです。

「引っ越し大名三千里」を原作とした映画「引っ越し大名!」で主人公・春之介を演じた星野源さんについても、引きこもりや成長を予想以上にうまく演じてくれたと話しています。

 

関連記事

土橋章宏さんの小説「引っ越し大名三千里」は、映画化されて「引っ越し大名!」というドタバタコメディ時代劇として公開されました。

映画「引っ越し大名!」の脚本も土橋章宏さんが担当しています。

 

先に触れたように、主人公・春之介を演じるのは、俳優としてだけではなくミュージシャン・文筆家としても活躍する星野源さん

 

主要キャストには、高橋一生さん・及川光博さん・濱田岳さん・高畑充希さんが起用されています。

 

リストラやパワハラなど、現代社会のサラリーマンが直面している問題とも重なりつつ、笑いと迫力のアクションも楽しめる時代劇映画として最高におもしろい作品となっています。

引っ越し大名!

https://youtu.be/IykzguQkpeE   動画配達員 【引っ越し大名!】はとにかくキャストが超豪華で歴代最高のコメディ時代劇映画、隠れた超名作といっても過言ではありません! &nbs[…]

 

同じく土橋章宏さん脚本の映画で城戸賞・日本アカデミー賞最優秀脚本賞・ブルーリボン賞作品賞という権威ある賞を受賞した名作「超高速!参勤交代」そして続編の「超高速!参勤交代 リターンズ」も「引っ越し大名!」の前作として人気を博しました。

 

超高速!参勤交代

https://youtu.be/ZCIH7ybj3EQ   映画「超高速!参勤交代」と「超高速!参勤交代 リターンズ」は、痛快なアクションと演技派俳優陣の真剣な姿に思わず笑ってしまう時代劇コメディです。 &nb[…]

 

於蘭を演じた高畑充希さん主演ドラマ「ムチャブリ!わたしが社長になるなんて」も、お仕事エンターテイメントとしてパワハラ的な上司の命令や部下からのモラハラと戦う現代女性の奮闘記として楽しめる作品となっていておすすめです。

 

ムチャブリ!わたしが社長になるなんて

https://youtu.be/8QeWnyQq0o8   動画配達員 ムチャブリ見てると、うちの会社のことと重なって笑ってしまいます!   ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるな[…]

ムチャブリ!のタイトル

 

まとめ

小説「引っ越し大名三千里」は、江戸時代の国替えをテーマにした作品ですが、通常の時代物のような古臭さを感じない作品です。

現代社会の問題点でもある、引きこもりやリストラ・パワハラも取り込みながら、土橋章宏さん独特のユーモアあふれる描写でサクサクと読み進めることが出来ます。

現実と照らし合わせて楽しめる、エンタメ作品でもあります。

 

ぜひeBookJapanで、どこよりもお得な電子書籍で小説「引っ越し大名三千里」を楽しんでください。

映画「引っ越し大名!」を無料で視聴して、2倍3倍と楽しむこともおすすめです。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

 

\引っ越し大名三千里を今すぐ無料で読む/

※ 解約はいつでも可能です