2022年最新ドラマ/映画/電子書籍/バラエティをお得にお届け!HIKKOSHI ▶ MOVIE!

競争の番人|あらすじキャストや相関図の基礎知識を詳しく紹介!

競争の番人 タイトル

 

動画配達員
舞台は公正取引委員会!
坂口健太郎と杏がW主演!
月9ドラマ「競争の番人」は、誰もが一度は聞いたことがある行政機関・公正取引委員会を舞台に、天才で理屈っぽくひねくれ者の小勝負勉と、実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓の凸凹バディのエンタメ・ミステリーです。
坂口健太郎さんと杏さんがW主演するということでも、超話題になっています。
今まで描かれることが無かった公正取引委員会にスポットを当て、どんなことが行われているのかの内情も分かる社会派ドラマです。
この記事では、「競争の番人」のあらすじ・キャストや見どころ・原作と、見逃し配信を無料視聴する方法をご紹介します。

あらすじ

刑事としてある事件の犯人を追っていた白熊楓は、目の前で犯人を取り逃がしてしまいました。

犯人を捕まえられなかったことが問題視されてしまった白熊楓は、公正取引委員会への異動を命じられてしまいます。

突然の異動に動揺したまま白熊楓は公正取引委員会・第六審査へと赴きます。

そこで白熊楓は、小勝負勉ら第六審査・通称ダイロクの面々と出会うことになります。

刑事から公正取引委員会という右も左も分からない場所に来た白熊楓、教育係を任せられた小勝負勉は公正取引委員会の仕事を教える気が全くない様子です。

そんな中、2人が調査することになったのは複数ホテルの間にあるウエディング費用のカルテル問題でした。

自由奔放に行動していく小勝負勉と、刑事だったころと公取委での世間の認知度や扱いの違いに戸惑う白熊楓。

性格や考え方、すべてが正反対の小勝負勉と白熊楓が調査を進める中、様々な問題が発生し、ダイロクの面々も振り回されます。

調査の中で様々な妨害を受けながらも、公正で自由な市場競争を守る「競争の番人」として、2人は独占禁止法違反の取り締まりに奔走します。

詳しいあらすじは、下記をクリックしてご覧ください。

 

 第1話

刑事の白熊楓(杏)はミスをして異動させられてしまう。異動先は公正取引委員会審査局第六審査。勢いよく挨拶して第六審査の部屋に入った白熊だが、出迎えたのは桃園千代子(小池栄子)だけだった。桃園によると、他のメンバーは入札談合の疑いがある大手建設会社に立入検査中。白熊は桃園と一緒に、現場の建設会社へと向かう。

現場に着くと、桃園は第六審査のメンバーを白熊に紹介する。キャップの風見慎一(大倉孝二)を皮切りに、六角洸介(加藤清史郎)紺野守里(石川萌香)が挨拶するが、桃園はもう一人、小勝負勉(坂口健太郎)がいると白熊に教える。メンバーたちが次々に公取の立場の弱さを愚痴る中、白熊は不審な社員を見つけた。

白熊の視線に気づいた社員、豊島浩平(長谷川朝晴)はファイルを持って部屋から逃げ出す。白熊が追うと豊島は資料室に入り、そこにいた男にファイルを渡そうとする。白熊は豊島と男を確保するのだが…。白熊にあらがう豊島に、男が証拠隠滅は『検査妨害』だと解く。疑問を感じる白熊に、男は小勝負だと名乗った。

第六審査に戻ったメンバーは留置した資料を調べ始める。地味な作業に辟易している白熊に、桃園や風見は小勝負は東大法学部を主席で卒業した優秀な人物だと教えた。そんな時、本庄聡子審査長(寺島しのぶ)が現れる。本庄は白熊に小勝負を頼むと謎の言葉をかけた。

第六審査は新たな案件に着手。栃木県のホテル間で行われるウエディング費用のカルテルの疑いだ。風見は現地での調査をするよう小勝負と白熊に命じる。

引用:「競争の番人」公式サイト

 

 第2話

小勝負勉(坂口健太郎)白熊楓(杏)たち第六審査、通称ダイロクのメンバーは、『ホテル天沢』のウェディングにおけるカルテルを追っていた。しかし、専務の天沢雲海(山本耕史)のガードは固く、小勝負たちは納入業者である花屋へのホテルの下請けいじめにも気づくのだが、有力な証拠をつかめずにいた。そんな時、雲海が逆襲に出る。不正行為を行なっているのは近隣で結託した花屋側で、いじめられているのはホテル側だとマスコミに流したのだ。

雲海が圧力をかけたのか、『ホテル天沢』の納入業者いじめの調査は年末までで終了とダイロクメンバーに通達される。そこへ、六角洸介(加藤清史郎)が『ホテル天沢』のホテル長、長澤俊哉(濱津隆之)が退職したとの情報を持ってきた。早速、小勝負と白熊は長澤の自宅へ。だが、長澤は二人に何も話そうとはしない。

小勝負と別れた白熊は花屋いじめで苦しむ『フラワーショップ石田』へ。殺人未遂の容疑者となった石田正樹(武田航平)の代わりに店を守る妻の七瀬(野村麻純)を勇気づけようとする白熊は違法植物が置いてあることに気づく。白熊はすぐに警察に連絡して、売却分を回収するよう助言するが、七瀬は見逃して欲しいと頼んだ。

白熊は『ホテル天沢』で小勝負と合流。二人の目の前で、ブライダル部門長の碓井健司(赤ペン瀧川)が明らかな花屋へのいじめを行っている。そこに、雲海が現れた。小勝負たちが物陰から見ていると、車に向かう雲海と碓井の前に少女が立ち塞がる。それは、長澤の娘、由香里(新津ちせ)だった。

引用:「競争の番人」公式サイト

 

 第3話

小勝負勉(坂口健太郎)白熊楓(杏)たちダイロクメンバーは、『ホテル天沢』の元ホテル長、長澤俊哉(濱津隆之)の協力を得て、天沢雲海(山本耕史)の留守を狙い納入業者イジメの調査に入る。併せてウエディングカルテルの資料も集めようとするが、雲海が戻ってしまい追求出来なかった。そんな中、長澤にカルテルの資料の保管場所が分かったと言われ小勝負と白熊は、資料が保管されている倉庫に案内される。しかしそれは雲海の罠で、小勝負と白熊はそのままホテルの書庫に監禁されてしまう。

小勝負は不法侵入したと雲海が警察に突き出すつもりだと分析。一方、大森徹也(黒羽麻璃央)とデートの約束をしていた白熊は弱そうな壁を見つけ、壁を蹴って穴を空けることに成功。しかしそこはトイレと給湯室があるだけで外には出られなかった。そんな中、小勝負は書類の中に過去の宿泊台帳と顧客カードを見つける。そこには、ウエディングカルテルだけでなく、過去に摘発されたカルテルの当事者たちが同じ部屋を利用した記録があった。建設会社の談合で自ら命を絶った、豊島浩平(長谷川朝晴)の名もある。

翌朝、小勝負と白熊は警備員に発見された。雲海はワイドショーに出演して公取の違法調査だと息巻く。そんな時、石田正樹(武田航平)と七瀬(野村麻純)が公取に来た。天沢グループから抜ける決意を固めたという夫婦は、小勝負たちに雲海と『温泉郷・絆』の政岡一郎(春海四方)が会合する日を教える。雲海たちは納入業者を使って打ち合わせの日を連絡し合っていたのだ。ダイロクは決定的なカルテルの証拠をつかもうと動き出す。

引用:「競争の番人」公式サイト

 

 第4話

小勝負勉(坂口健太郎)白熊楓(杏)たち“ダイロク”は新たに世界的な電機メーカー「アレス電機」の優越的地位の濫用を調べることに。自社の地位を利用した部品単価の一方的な減額や支払期限の延長を強制する、いわゆる下請けいじめだ。

本庄聡子(寺島しのぶ)が説明していると、『アレス電機』の役員を見ていた白熊が知った顔の男がいることに気づく。それは白熊が強盗殺人事件の捜査中に現場で取り逃がした柴野竜平(岡田義徳)ではないか。しかし、警察は事件の捜査を中止していた。白熊は今度こそ柴野を捕まえることが出来るかもと意気込むが、今は公取委の身なので捜査は出来ない。本庄は、柴野は下請けいじめの中心人物と目されているが、強盗殺人という重大事件に関わっている可能性があると分かった以上、公取委での調査は出来ないと言う。

柴野の案件は公取委から離れたかと思いきや、緑川瑛子(大西礼芳)が白熊の情報を警察に伝えるが警察は動かず、独自に動いた検察も上層部に止められた。桃園千代子(小池栄子)六角洸介(加藤清史郎)に、検察庁の幹部である父親に聞いてみてと軽口を叩く。ともかく、本庄は『アレス電機』の優越的地位の濫用についての調査開始を告げる。警察や検察の捜査がなくなったからだ。

小勝負と白熊は『アレス電機』の下請け会社へ向かう。他のメンバーもそれぞれに話を聞きに行くが、どの会社も不満は感じているようだが返答は待って欲しいと言うだけだ。ただ、小勝負は『丸川製作所』の丸川俊春社長(吉沢悠)だけは困ったことはないと断言したことに違和感を覚える。

引用:「競争の番人」公式サイト

 

 第5話

『アレス電機』の下請けいじめを調査する小勝負勉(坂口健太郎)白熊楓(杏)たちダイロクは、下請け会社をまとめていた丸川俊春(吉沢悠)の協力を得る事に成功。各社の証言も得たため、いよいよ『アレス電機』への検査が行われようとした時、ダイロクに六角洸介(加藤清史郎)の父親で検事の敦夫(羽場裕一)と駒場直樹(小松和重)が現れて検査に待ったをかけた。下請けいじめの重要人物にもなっている柴野竜平(岡田義徳)に横領の疑いがあるため、検察の捜査を優先させて欲しいと言うのだ。敦夫の言うことを聞くしかないと半ば諦め気味の風見慎一(大倉孝二)だが、本庄聡子(寺島しのぶ)は検察の捜査の邪魔はしないと断わる…。

数日後、ダイロクは『アレス電機』へ立入検査に出向く。しかし、風見が社員たちに検査の趣旨を説明しようとしたところに検察が踏み込んで来て、資料などを差し押さえてしまう。検察は下請けいじめ調査に必要な資料は渡すと約束したのだが、送られた留置資料はわずかなもの。すぐに資料の調査は終わるのだが、小勝負は留置品にあった雑誌に興味を引かれている様子。そんな中、極秘なはずの立ち入り検査の情報が、なぜ検察に情報が漏れていたのかを桃園千代子(小池栄子)が疑う。立入検査の日取りを知っていて検察とつながりのある人物とは・・・?

そんな中、『アレス電機』が新たに下請け30社に発注書を出した。スケジュールも厳しく、単価もさらに下げられている。白熊は公取に協力した報復を疑った。ダイロクメンバーたちは下請け業社が受注しないよう願うのだが、すでに丸川は引き受けていた。

引用:「競争の番人」公式サイト

 

 第6話

白熊楓(杏)桃園千代子(小池栄子)の聴取を見学。見事な聴取に感心する白熊に、桃園は小勝負勉(坂口健太郎)は教えてくれないのかと聞く。教わったことは何もないと答える白熊。二人が第六審査に戻ると、小勝負は風見慎一(大倉孝二)六角洸介(加藤清史郎)と押収した証拠品を身につけて遊んでいるように見える。小勝負は着てみたらいろいろわかるかもしれないと言う。そんな時、新たな調査案件が舞い込んだ。

今回の調査案件は大手呉服店『赤羽屋』による私的独占。事業者が他の事業者の参入を妨害、排除するなどして市場の競争を制限する行為だ。妨害を図っているのは『赤羽屋』の社長、赤羽千尋(真飛聖)で、情報を提供したのは呉服店『ファイブシーズン』の社長、井出香澄(萩原みのり)。メンバーに説明する風見はいつも以上にピリピリしている。本庄聡子審査長(寺島しのぶ)が出張のため、留守を任されていた。

小勝負と白熊は千尋の着付け教室へ。千尋は客には温和だが、従業員には厳しい態度で臨んでいる。次に二人は香澄から話を聞く。香澄は『赤羽屋』で千尋のもとで働いていたが、厳しさについていけずに退職。経営コンサルタントの栗田保(篠原悠伸)に相談して『ファイブシーズン』を立ち上げ、直接織元と契約を結び上質な着物を安く手に入れる新しい経営を始めた。だが、最近、職人が次々と契約を切るようになる。香澄は千尋が圧力をかけたのだろうと疑っていた。小勝負たちから話を聞いた桃園は、千尋から事情聴取しようと言い出す。桃園と千尋は過去に因縁があった。

引用:「競争の番人」公式サイト

 

 第7話

引用:「競争の番人」公式サイト

 

キャスト

 

ドラマ「競争の番人」のキャストをご紹介します。

W主演の坂口健太郎さん、杏さんはもちろんですが、出演している俳優はみんな実力派ばかりです。

小日向文世さん・寺島しのぶさん・小池栄子さん・加藤清史郎さんなど、豪華キャストが目を引きます。

※ キャスト紹介は公式サイトを参照しています。

 

【小勝負勉 / 役:坂口健太郎】

第六審査・審査官。20歳で司法試験に合格。
東大法学部を首席で卒業後、どの会社・官庁にでも就職できたのに、あえて公取委に就職したことで、まわりからは「もっといいところに入れたはずでは?」と度々疑問を投げかけられる。
小勝負自身は公取委で働くことにこだわりがあるようで、「弱くても、戦わなきゃいけない」と使命感を燃やす様はどこか狂気じみている。
その理由は小勝負の過去に関係が?
他の審査官とは違う独特の視点や洞察力がある一方、人とは違う調査の仕方で周囲からは変わり者と思われている。

【白熊楓 / 杏】
第六審査・新人職員。男勝りな性格で、警察官の父に憧れ、自らも警察官に。しかし、ある事件で犯人を目前で取り逃がしてしまい、そのことが問題視され公取委への異動を命じられる。実直で感情のままに行動し、頭で考えるよりも先に、気持ちと身体で体当たりしていく。企業への立ち入り検査のほかにも、事情聴取や、張り込み・尾行など真実を突き止めるために、警察のようなことも行う一方、警察のような強力な権力を持たない公取委の調査には、さまざまな障壁があることを知り、公取委の実情に驚く。
【桃園千代子 / 小池栄子】
第六審査の主査。
ひょうひょうとしつつも、常に明るく、人付き合いが上手。
公取委にとって重要な聴取も、人心掌握術に長ける桃園にはお手の物で、特に中年男性にはウケが良い。
公取委が国民にあまり知られておらず、利権も人材も予算もないという現状を憂いている。
【風見慎一 / 役:大倉孝二】
第六審査のキャップ。
立ち入り検査などで現場を仕切るリーダー的立ち位置だが、小勝負や白熊に現場で勝手な行動をされたり、トラブルを起こされたりと部下に翻弄(ほんろう)される。
上司や官公庁に対して絶対的に腰が低く、公取委のことを「弱小官庁」と卑下している。
【六角洸介 / 役:加藤清史郎】
第六審査・審査官。
育ちの良いお坊ちゃんで、新人の白熊に、明るく元気に公取委の仕事を教え、桃園ら先輩たちには後輩としてどんな無茶振りにもこたえる“ダイロク”のムードメーカー的存在。
【本庄聡子 / 役:寺島しのぶ】
公正取引委員会の第六審査長。
もともと、公取委には第一審査から第五審査までが存在しており、小勝負や白熊がいる第六審査は公取委の可能性を広げるために本庄が新たに立ち上げたチーム。
そして本庄は、謎多き小勝負の過去を知る唯一の人物でもある。
公取委が調査する上で、重要事項の決断は、公取委のトップにいる委員長と4人の委員の議決で決められる。
普段は物腰穏やかで上品な本庄だが、小勝負や白熊が企業の不正を暴く証拠を見つけるため、委員会のトップを自ら説得するなど内側には誰よりも熱い正義心がある。
【東堂清正 / 役:小日向文世】
国土交通省事務次官。
国交省の官僚として建設会社との黒いうわさがささやかれている人物。
小勝負とは過去に何やら因縁があるようで、一方的に特別な思いを抱かれている。
“ダイロク”や小勝負にとって最大の敵となって行くのだが、謎多き存在だ。
【大森徹也 / 黒羽麻璃央】
刑事。
白熊の彼氏で、刑事時代の同僚。
犯人を目前で取り逃がしてしまい、公取委に異動させられた、刑事に戻るためには公取委で成果を出さなければならないと意気込む白熊。
だが、力が入りすぎるあまり、空回りする白熊を徹也は常々心配している。
【紺野守里 / 役:石川萌香】
公取委DFT(デジタル解析チーム)所属。
企業が不正にデータを隠したり、破損させた際に、データの復元などを行う。
企業があの手この手を使って隠そうとするデータを復元することができる守里は“ダイロク”にとって重要な存在だ。
【緑川瑛子 / 役:大西礼芳】
検察庁から公取委に出向している検察官で、小勝負らと一緒に企業の不正を暴くために協力してくれる存在。
小勝負とは東大時代の同期で、学生時代から天才だった小勝負のことを知っているが、それ故に、なぜ小勝負が公取委にいるのか疑問に感じている。

 

相関図

ドラマ「競争の番人」の相関図をご紹介します。

W主演の坂口健太郎さんと杏さんに、恋愛も生まれるのかと思いましたが違うようです。

でも、実際に見てみないと分からない部分が多いので楽しみです。

競争の番人 相関図

 

原作

ドラマ「競争の番人」の原作は、新川帆立さんによる同名小説です。

2021年12月から2022年3月にかけて、「小説現代」で連載されました。

その後加筆修正され、2022年5月11日に発行されています。

これまで描かれてこなかった公正取日委員会の世界を、スリリング・ドラマチック・コミカルに描いている知的好奇心を掻き立てる作品です。

新川帆立さんは、前クールの「元彼の遺言状」の作者でもあります。

2クール連続で同じ原作者の作品を扱ったのは、初になります。

「元彼の遺言状」で『このミステリーがすごい!』大賞を受賞している、実力人気小説家だけあります。

この「競争の番人」にも、読む人を引き付ける魅力が満載です。

当然ドラマも面白くなること間違いなしです。

 

見どころ

何といってもW主演の坂口健太郎さんと杏さんのバディを見られる豪華さは、期待を裏切りません。

杏さんは役作りのため髪を20㎝も切り、イメージを一新しています。

アクションシーンも楽しめます。

また、ドラマ「競争の番人」では、実際の公正取引委員会が全面協力しています。

撮影も公正取引委員会で行うなど、リアルな世界を臨場感たっぷりにみることができます。

名前はよく聞くけど、どんなところか分からないのが実情です。

そんな世界を自分の目で見ることができます。

 

まとめ

ドラマ「競争の番人」は、天才で理屈っぽくひねくれ者の小勝負勉と、実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓の凸凹バディのエンタメ・ミステリーです。

坂口健太郎さんと杏さんがW主演、実力派俳優陣も脇を固め面白くないはずがありません!
今まで描かれることが無かった公正取引委員会の世界も垣間見ることができます。