“引っ越し唄”を歌う本編映像を解禁!

この度、劇中で星野源、高畑充希といった豪華キャストが唄う映画オリジナル曲”引っ越し唄”の本編映像を解禁!

この楽曲は脚本開発中に犬童監督のアイディアによって生まれた映画オリジナルのもの。振り付けを犬童監督の『のぼうの城』で主役を務めた日本が誇る狂言師・野村萬斎が監修しています。

今回解禁されたシーンは姫路から大分へ引っ越し道中のシーンですが、引っ越し唄は準備パートから出発パート、道中パートとストーリーの過程で引っ越しの進み具合とリンクしながら所々で聴くことが出来ます。
道中のシーンは夏に差し掛かった季節に撮影していたということもあり、大変過酷な現場だったそうで、星野もこの撮影に関して「朝から晩まで一日中撮影していて、角度を変えて何度も何度も撮影したので、非常に過酷でした」と当時を振り返ります。星野自身も時代劇であまり見たことがないと語る、苦労しながらも作り上げた全員で唄を歌いながら行進するシーンは、映画ならではの見どころのひとつとなっています。