出演者についてのお知らせ

本作品には、ピエール瀧氏が出演しております。
事件発覚後、「引っ越し大名!」製作委員会で協議を重ね、再撮影・再編集は行わず、予定通り8月30日(金)に劇場公開することと致しました。
これからも本作の応援をよろしくお願いいたします。

「引っ越し大名!」製作委員会

ムビチケについて

6月28日(金)より、映画『引っ越し大名!』ムビチケが発売となります。

ムビチケはネットで座席指定ができる通常料金よりオトクな映画前売券です。
下記ご確認いただき、ぜひお買い求めください!

一般:1400円

<購入方法>
◆全国3万枚限定 前売券特典付きムビチケカード券

劇場情報ページの前売券欄に「★」がついている劇場窓口にてお買い求めいただけます。

◆ムビチケカード券

劇場情報ページの前売券欄に「★」がついている劇場窓口にてお買い求めいただくか、メイジャーの作品ページ(https://www.major-j.com/)からお買い求めいただけます。

◆ムビチケオンライン券(ビジュアルなし)
ムビチケ購入番号がメールで届く、ペーパーレスなデジタル映画前売券です。

ムビチケの作品ページ(https://mvtk.jp/Film/065222)からお買い求めいただけます。
 

<使用方法>
使用方法はこちらをご確認ください。(https://movieticket.jp/

ムビチケ発売開始日&特典も決定!

先日、赤、ピンク、白と3パターンの本ビジュアルが解禁され、映画『引っ越し大名!』公式Twitterアカウント(@hikkoshi_movie)ではユーザー投票で1位となったものを本ポスターに採用する投票企画を実施していましたが、投票の結果、めでたい「赤ver.」が圧倒的得票数で1位に決定!本ポスターとして劇場などに掲示されることとなりました。

さらに、ユーザー投票で「どの色も捨てがたい!」というお声も多数受け、2位の白ver.はムビチケカードに、3位のピンクver.はムビチケ購入特典のオリジナルA5クリアファイルのデザインになることが決定しました!

オリジナルA5クリアファイル付きのムビチケカードは6月28日(金)より全国の劇場にて3万部限定で発売いたします。
前売券取扱い劇場は、公式サイト(https://hikkoshi-movie.jp/)の「劇場情報」にて掲載。

“引っ越し唄”の振付は日本を代表する狂言師・野村萬斎!本編ナレーションは立川志らく!超強力助っ人が参戦!

この度、本作に日本を代表する狂言師・野村萬斎と、落語家・立川志らくという超強力な2人が本作に参加!

犬童監督がメガホンをとった「のぼうの城」(2012)でも主演を務めた野村萬斎は、劇中で星野源や、高橋一生、高畑充希といった豪華キャスト達が唄う、原作には登場しない映画オリジナル曲“引っ越し唄”の振り付けを担当。日本の伝統的な動きを取り入れたいという製作陣のオファーを受け、野村萬斎が快諾したことで夢のコラボレーションが実現しました。
そして、映画監督、映画評論家、TVコメンテーターなどマルチに活躍する落語家の立川志らくが本編のナレーションを担当。落語家ならではの語り口で、本編を彩ります。

豪華キャストに加え、日本が誇る伝統芸能を牽引する2人が参加することが発表された『引っ越し大名!』、ますます期待が高まります!

野村萬斎コメント
振付を担当するに当たって、犬童監督から最初に頂いたお題は、素振りの練習、引っ越し、歌の3つ。これらをミックスしたものを作ってほしいというものでした。
素振りは本来、一人でするものですが、あれこれと思案していく中で下ネタも頭の中をよぎりつつ、最終的に素振りしながら2人で荷物を運ぶということになりました(笑)。
出来上がった映画には、ところどころに”引っ越し唄”と共に挿入されていて、ミュージカルのような楽しさがありました。全編ライトでコミカルな流れの中にも悲喜こもごもの引っ越しの大変さ、悲哀が見て取れ、笑いながらもホロリとできる楽しい時代劇です。

立川志らくコメント
「ふざけた中に真実が時折転がっている」。これは私の持論。落語という江戸の世から300年ふざけ続けてきた娯楽の中に身を置いているからこそわかる事だ。時代劇はその昔のチャンバラから始まり黒澤明でエンタメとして昇華した。現代において時代劇は思いっきりふざけた所から真実を探すのが一番正しいのかも知れない。その答えが「引っ越し大名!」である。チャップリンの言葉に悲劇は身近な人生、喜劇は距離を置いた人生というのがあるが、本作の大名達の引っ越しはまさに悲劇。それを傍観する我々にとっては喜劇。この作品の中に大名の、いや、人間の生活する事の真実、つまり答えが入っているに違いない。

北米最大の日本映画祭「JAPAN CUTS」で上映決定!

本作『引っ越し大名!』が2019年7月19日~7月28日に、アメリカ・ニューヨークで開催される映画祭「JAPAN CUTS」での上映が決定しました!

「JAPAN CUTS」は今年で13回目を迎える北米最大の日本映画祭。

Japan Cutsを主催するJapan Society の映画事業部 副部長のKazu Watanabe氏は、「『引っ越し大名!』はエンターテインメント、監督・制作スタッフの高い技術、しっかりとした構成がバランスよく融合した、ニューヨークのJAPAN CUTSに訪れる観客が、まさに求めている映画だ。江戸時代、上からの圧力に苦しみ耐えながら働く侍の姿は、21世紀の世界の企業人に通ずるものがある。このようなテーマでありながら、笑い、涙やアクションをうまく織り混ぜることができたのは、犬童一心監督と俳優陣のなすわざである。」とコメント。

本作の上映は7月21日(日)になります。

今後の情報にもご期待ください。