2022年最新ドラマ/映画/電子書籍/バラエティをお得にお届け!HIKKOSHI ▶ MOVIE!

オールドルーキー|あらすじキャスト相関図など基礎知識を詳しく紹介!

オールドルーキー タイトル

 

動画配達員
「オールドルーキー」は
笑えて泣けるヒューマンドラマだよ!
日曜劇場「オールドルーキー」は、サッカーだけに人生を賭けてきた主人公が突然の引退で、どん底からセカンドキャリアを築いていく物語です。
サッカーではかつて日本代表にまで上り詰めたプロ選手が、突然のチーム解散で新たな仕事と人生を探し始めます。
日曜劇場での主演は初となる綾野剛さんが、今までに無かった役に挑戦します。

あらすじ

5歳の時からサッカー一筋だった新町亮太郎

J1・鹿島アントラーズに入団し新人王を獲得、その後サッカー日本代表に選出されスーパーサブとして4試合に出場し決定的な場面でゴールを決めた実績を持っています。

しかし怪我の影響で、J2・東京ヴェルディ、J3・ジェンマ八王子に移籍とトップ選手ではなくなってしまっていました。

すでに37歳になっていた新町亮太郎に、青天の霹靂が起きてしまいます。

所属していたジェンマ八王子が突然解散となってしまい、新町亮太郎がサッカーを続けたくても移籍先が見つかりません。

サッカーに関わる仕事を求めますが、まったく見つからず、一般的な仕事を探すもののサッカーしかしてこなかった新町亮太郎はことごとく就いた仕事先をクビになってしまいます。

そんな時、引退後に移籍の相談をしに行ったスポーツマネージメント会社「ビクトリー」の社長から、「うちで働いてみないか」と声がかかります。

愛する娘や妻から、もう一度誇りに思ってもらえるパパになるために、新町亮太郎は裏方の仕事に次の人生を賭けていきます。

 第1話

元サッカー日本代表の新町亮太郎(綾野剛)は37歳で選手としてのピークは過ぎたものの、J3に所属するチーム「ジェンマ八王子」で活躍していた。しかし、ある日「ジェンマ八王子」の解散が突然告げられる。そして、移籍先が見つからなかった新町は、現役引退を余儀なくされてしまう。
住宅ローンも残っているし、10歳と5歳の娘の教育費がかかるのはこれから。新しい仕事に就こうとするも、サッカー関係の仕事は軒並み断られてしまい、ハローワーク通いを始める。そして一般的な職に就くものの、サッカー以外になにもやってこなかった新町は仕事の厳しさに直面する。
仕事がうまくいかず悩む新町だったが、それは家庭にも影響を及ぼす。パパが自慢だった娘たちには引退したことを隠していたのだが、娘たちが異変に気付き親子仲に亀裂が生じてしまう。ただ、妻の果奈子(榮倉奈々)は新町が新しい仕事に挑むことを応援してくれていた。
そんな新町に、「ビクトリー」の社長・高柳雅史(反町隆史)があるきっかけで、「うちで働いてみないか?」と声をかける。「ビクトリー」は新町が「ジェンマ八王子」解散のあと、移籍の相談をしたスポーツマネージメント会社だ。喜んで働き始めた新町に、高柳は若くて優秀な深沢塔子(芳根京子)と組むよう指示を出す。
「ビクトリー」での新町の初めての任務は、ドイツで活躍するサッカー選手、矢崎十志也の日本滞在中のサポート。しかし、矢崎と新町にはとある因縁があり、しかも矢崎は次々と無理難題を吹っかけてくる。家族のために、引くに引けない新町は塔子と協力して、この難題を乗り越えることができるのか!?
表舞台の選手から選手を支える裏方へ――。
セカンドキャリアで懸命に生きる新町の第二の人生がスタートする!

引用:「オールドルーキー」公式サイト

 

第2話

亮太郎(綾野剛)は高柳社長(反町隆史)から、塔子(芳根京子)と組んで9歳のスケートボード選手・牧村ひかりの獲得を任される。ひかりは、全国大会で優勝したものの、まだ無名な小学生。今のうちにマネージメント契約を結んで、青田買いすれば、大きな利益を生む可能性が高い。
早速、ひかりの父親でコーチの悠一(桂宮治)を練習場に訪ねるが、悠一は取り付く島もない。
その上、世界最大手のスポーツマネージメント会社も獲得に動き出す。
窮地に追い込まれた亮太郎たちは、どうするべきか悩んでいた。そんな中、泉実(稲垣来泉)は相変わらずサッカーを辞めた亮太郎を受け入れることができない。亮太郎もいまだにサッカーへの未練がまだ残っている自分に気付き、やるせない気持ちになる。
同じ頃、梅屋敷(増田貴久)は選手のスランプに悩んでいた。担当しているプロゴルファーの高槻(竹財輝之助)が、極度のスランプに陥り、成績が下降していたのだ。しかし高柳からはなんとか回復させるようにプレッシャーをかけられて、打つ手がなく、困り果てていた。

引用:「オールドルーキー」公式サイト

 

第3話

塔子(芳根京子)が入社当時からマネージメントを担当している秀島修平(田中樹)は、マラソン界の絶対的エース。
市原国際マラソンでも「日本記録更新での優勝」を宣言するビッグマウスなアスリート。
しかし、満を持して臨んだレースでまさかの惨敗。メディアや世間から袋叩きにあう。
秀島はレースで敗北したのを塔子のせいにして、担当を新町(綾野剛)に変えるように高柳(反町隆史)にオーダーする。
高柳は、新町に無事サポートできたら正社員にすることを約束するが…。
ただ、新町は、娘の明紗(泉谷星奈)から「いつサッカー選手に戻るの」と聞かれて、改めてサッカーへの未練を実感していた。

一方、塔子は担当を変えられたことにショックを受けていた。塔子にとって一番思い入れある選手だったので、なかなか受け入れられない。
そんな中、新体制で始めた練習である事件が起こる。
そして、その日を境に秀島は音信不通に。前途多難な日本のエース復活プロジェクトを新町は成功させることはできるのか…。

引用:「オールドルーキー」公式サイト

 

第4話

新町(綾野剛)は、未だに現役への未練が捨てられず毎日ランニングをしていた。その未練は日に日に募っていた。
そんな新町の姿を見ていた妻の果奈子(榮倉奈々)は、ある行動に出る。
そんな中、「ビクトリー」では梅屋敷(増田貴久)が横浜DeNAベイスターズ2軍選手の北芝謙二郎(板垣瑞生)に、マネージメント契約が間もなく終了することを告げていた。
北芝はベイスターズに入団して6年目を迎えたが、ずっと2軍のまま。まだ24歳だが、待っていたのは今季限りでの戦力外通告だった。
あっさりと北芝を見限ろうとする梅屋敷にいたたまれなくなった新町は、北芝の最後のマネージメントを名乗り出る。
そして、彼と接するうちに、新町はある決意を固める。それは、自身の現役復帰。
家族の理解も得て、新町は動き出す。
そんな中、Jリーグの1チームだけ加入テストを受けさせてくれるという話が持ち上がり、新町はラストチャンスに挑むべく向かう。果たして・・・?

引用:「オールドルーキー」公式サイト

 

第5話

城(中川大志)は無名のフェンシング選手・三咲麻有(當真あみ)にスター性を感じ、「ビクトリー」にスカウトする。
城にとって初めてのスカウト。さらに、新町(綾野剛)とも初タッグを組むことになり、気合いが入っていた。
しかし、三咲は極度の人見知り。たくさんの人にフェンシングを知ってもらいたい気持ちはあるが、そのためにテレビに出演したり、グラビアの撮影をするのは嫌だと言い、新町たちは思うようにマネージメントができずにいた。
そんな中、ある化粧品会社から、三咲を新商品のイメージキャラクターに起用したいと申し出がある。
願ってもないチャンスだ。高柳社長(反町隆史)も新町や城とともに打ち合わせに参加するが、CMの絵コンテを見た三咲は撮影を頑なに拒否し・・・。

同じ頃、新町はサッカー日本代表候補で人気Jリーガーの伊垣尚人(神尾楓珠)からとある連絡を受けていた。

引用:「オールドルーキー」公式サイト

 

第6話

正社員になった新町(綾野剛)が初めて担当するのは、バスケットボール選手の新垣和人(浅利陽介)。ベテランの新垣は、家族のために、所属するBリーグの千葉ジェッツから琉球ゴールデンキングスへの移籍を希望。新垣の実力から移籍はほぼ確実だったはずが、新垣が練習中にまさかの大ケガ。キングスとの交渉は暗礁に乗り上げ、契約切れとなるジェッツに戻ることもできなくなった。
一転して、引退の危機に追い込まれた新垣。社長の高柳(反町隆史)もマネージメント解消を考え始める。
しかし、新町だけは、どうしても諦められない。かつて自身も現役時代に大ケガを経験していたからだ。新町は高柳に「自分が新垣の戻る場所をみつける」と言い切る。
そんな矢先、新町は新垣から衝撃的な報告を受ける…。

引用:「オールドルーキー」公式サイト

 

第7話

車いすテニス選手の吉木修二(福山翔大)が「ビクトリー」にやって来た。
パリパラリンピックの日本代表候補である吉木は、国際大会で勝つために世界を転戦したいので、スポンサーを探してほしいと言う。
勉強を兼ねて車いすテニスの試合を見に行った新町(綾野剛)、塔子(芳根京子)、梅屋敷(増田貴久)は、その迫力に圧倒される。さらに、競技用の車いすを無償提供している会社では、吉木との強い信頼関係を目の当たりにし、感動する。
パラアスリートと契約する意義を、いつになく熱く高柳(反町隆史)に訴える梅屋敷。その背景には梅屋敷の秘めた想いがあった。熱意が伝わり、吉木との契約が決まり、「ビクトリー」初めてのパラアスリートのマネージメントをすることに。
ところがその矢先、吉木が別の会社の車いすに乗り換えたいと言い出し・・・。

引用:「オールドルーキー」公式サイト

 

第8話

引用:「オールドルーキー」公式サイト

 

「オールドルーキー」の世論は?

 

面白い!

  動画配達員 初回放送から世界トレンド1位獲得! オールドルーキーの面白さの秘密を探る! 日曜劇場「オールドルーキー」は、日本代表にまで上り詰めた華々しい過去を持つサッカー選手が突然引退に追い[…]

オールドルーキー②

 

面白くない!つまらない!

  動画配達員 オールドルーキー、 本当は面白くないって話もあるけど本当? ドコがつまらないんだろう? 日曜劇場「オールドルーキー」は、どん底に落ちた元サッカー選手が新たな仕事を通じて成長して[…]

オールドルーキー①

 

キャスト

 

日曜劇場「オールドルーキー」のキャストを紹介します。

 

【新町亮太郎(しんまち りょうたろう)/ 役:綾野剛】
底抜けに明るく、サッカーに人生を賭けてきた元プロサッカー選手。37歳で突然現役引退に追い込まれてしまった。
現役引退後の道を模索するも上手くいかず、様々な就職先を探したがパソコンもコピー機さえもまともに使えないためことごとくクビになってしまう。
そんな時、スポーツマネージメント会社「ビクトリー」で社会人デビューをすることになる。
愛する娘たちや妻のために働くことを決心するが、引退してもなお心の中では受け入れられない気持ちがある。
【新町果奈子(しんまち かなこ)/ 役:榮倉奈々】
新町亮太郎の妻。元は人気アナウンサーだったが、現在は専業主婦をしている。
亮太郎の一番の理解者でありサポーターで、厳しくも優しく亮太郎を支え鼓舞してきた。
大切な2人の娘たちを育てるため、亮太郎の第二の人生を必死でサポートする。
また、自らも家族のために動き出していく。
【新町泉実(しんまち いずみ)/ 役:稲垣来泉】
新町亮太郎の長女。
サッカー選手として活躍している父・亮太郎を誇りに思い誰よりもカッコいいと思って過ごしてきた。
そのため、亮太郎が現役を引退し突然普通の人になってしまったことを受け入れることができず、父娘関係に深いヒビが入ってしまうことになる。
【新町明紗(しんまち めいさ)/ 役:泉谷星奈】
亮太郎の次女。
長女の泉実と同様、サッカー選手の父・亮太郎が大好き。
幼いため、亮太郎がサッカーを引退した理由や意味が理解できていないが、亮太郎と泉実の関係が悪くなっていることを感じ取って悲しい気持ちになっている。
【深沢塔子(ふかざわ とうこ)/ 役:芳根京子】
「ビクトリー」の社員。
バリバリのキャリアウーマンで、責任感が人一倍強い。
仕事への姿勢が信頼されていて、入社5年目で7人ものアスリートの担当になっている。
元はアナウンサー志望で、スポーツ選手と結婚できるかもしれないという動機で入社したというミーハーな面もある。
新町亮太郎の教育係となり、バディを組む。
【高柳雅史(たかやなぎ まさし)/ 役:反町隆史】
「ビクトリー」の社長。
新町亮太郎をある目的のため入社させる。
企業理念に「全てのアスリートにリスペクトを」と掲げていて、経営手腕は合理主義。
【梅屋敷総太(うめやしき そうた)/ 役:増田貴久】
「ビクトリー」の社員。
会社のエース。
コミュニケーション能力が高く、何でもソツなくこなすことができる。
一方で自分の学歴に激しいコンプレックスを持っているために、仕事がうまくいった同僚や自分より優秀な後輩に対しては激しくライバル視をもつ。
【葛飾吾郎(かつしか ごろう)/ 役:高橋克実】
「ビクトリー」の最年長社員で、番頭をつとめている。
若く勢いが過ぎる部下たちのストッパー的な存在である。
温和で面倒見が良く、いつも笑顔で試練を乗り越えてきている。
社長が唯一心を許している人物。
自分も新町亮太郎と同じく、過去に挫折を味わっている。
【城拓也(じょう たくや)/ 役:中川大志】
「ビクトリー」の社員。
新町亮太郎の大ファンで、日本代表の時の亮太郎に憧れてサッカーを始めた根っからのサッカー好き。
亮太郎をリスペクトしている。
純粋でフレッシュなムードーメーカーで、スポーツが好きという理由で入社し仕事を楽しんでいる。
【真崎かほり(まざき かほり)/ 役:岡崎紗絵】
「ビクトリー」の社長秘書。
誰にでも優しく接し、社内では女神のような存在である。
社長の辛辣な評価を知り尽くしていても社員には決して明かさない小悪魔系な面も。
入社の理由は、筋肉フェチでアスリートの筋肉目当てだった。
【糸山留美(いとやま るみ)/ 役:生田絵梨花】
新町果奈子の妹。
グルメライターとして活躍してて、自由人。
モットーは「人生楽しんだ者勝ち」で、果奈子が何でも話せる良き相談相手である。
「ビクトリー」で働き始めた亮太郎に、ライターの立場からアドバイスをしてくれる心強い味方。

相関図

日曜劇場「オールドルーキー」の相関図をご紹介します。
主人公・新町亮太郎の家族と、新しいセカンドキャリアを築いていくスポーツマネージメント会社「ビクトリー」での物語になっています。
オールドルーキー 相関図

原作

日曜劇場「オールドルーキー」は、完全オリジナルストーリーです。

そのため原作マンガや小説はありません。

脚本を担当しているのは、人気脚本家の福田靖さんです。

福田靖さんの脚本作品は、誰もが見たことや聞いたことがある作品ばかりです。

代表作をご紹介します。

  • 救急病棟24時シリーズ
  • HERO
  • 特命係長只野仁
  • ガリレオ
  • 龍馬伝
  • まんぷく
  • 未来への10カウント

これまで多数の人気作品を手掛けてきた福田靖さんは、今回初めてスポーツマネージメントについて書いたそうです。

現役・引退アスリートをはじめ、実際にスポーツマネジメントに携わっている人にも取材しています。

スポーツの魅力をリアルに伝えるためで、MLBのシカゴ・カブスに移籍した鈴木誠也さんをはじめとする有名アスリートからも話を聞いているそうです。

実際のスポーツ界で得た専門知識や裏話が、「オールドルーキー」の中に盛り込まれているので見どころになります。

未来への10カウント

  動画配達員 キムタクが絶望から這い上がる主人公を熱演!   ドラマ「未来への10カウント」は、主人公を演じる木村拓哉さんが弱小ボクシング部の臨時コーチとなって生徒たちと共に未来を切[…]

未来への10カウントタイトル画像

 

オールドルーキー|見逃し配信で日曜劇場をフルで見る方法を分かり易く紹介!

「オールドルーキー」は、動画配信サービスParavi(パラビ)で視聴することができます。

見逃し配信はもちろん、過去に放送された回から最新回までをすべて視聴することが可能です。

「オールドルーキー」はもちろんのこと、ドラマ・バラエティ・アニメ・映画・韓流やアジア作品・ビジネスのほか、Paraviオリジナル作品や特集などもそろっています。

~ Paravi~
特徴-登録-解約手順
動画配信サービス【Paravi(パラビ)】

▼ Paravi登録-入会方法や特徴の詳細解説はコチラから!
>>Paravi登録-入会方法|特徴を画像満載で全解説
▼ Paravi支払い方法ごとの解約手順詳細解説はコチラから!
>>Paraviの解約手順|支払い方法ごとのやり方を一挙解説

 ネットでは違法にアップロードされた動画が存在しますが、万が一それを見てしまうと法的に罰せられる可能性があります。さらにウイルスに感染し、スマホやパソコンからクレジットカードなどの個人情報が盗まれてしまう可能性もあります。公式配信は安全でこのような心配が一切ないので、安心して視聴することができます!

日曜劇場シリーズ

▼ 二宮和也主演|マイファミリー

マイファミリーヘッド

2022年日曜劇場

  動画配達員 二宮和也主演、 ノンストップファミリーエンターテイメント!   ドラマ「マイファミリー」は、幸せな家族を襲う前代未聞の”完全誘拐”が描かれます。 主人公のゲーム[…]

マイファミリーヘッド

▼ 阿部寛主演|DCU

dcuヘッド

2022年日曜劇場

  動画配達員 2022年の最初の日曜劇場「DCU~手錠を持ったダイバー」は本当にスゴイ作品ですよね!   何がスゴイって水中に特化した捜査をするという映像作品は、「DCU」が[…]

dcuヘッド

▼ 小栗旬主演|日本沈没

日本沈没ヘッド

2021年日曜劇場

  動画配達員 2021年、最も話題になった ドラマが日本沈没です! 一気見できる動画配信サービスでは、 スピンオフ作品も見られちゃいます! 「日本沈没-希望のひと-」は、最高視聴率16.9[…]

日本沈没ヘッド

▼ 阿部寛主演|ドラゴン桜

ドラゴン桜2paravi引用

2021年日曜劇場

  動画配達員 「ドラゴン桜」が、16年ぶりに日曜劇場で第2シリーズを放送し、前作をしのぐほどの人気となりました。   第1シリーズ・第2シリーズとも主人公・桜木建二を演じたのは、俳優[…]

ドラゴン桜2paravi引用

 

まとめ

日曜劇場「オールドルーキー」は、持っているのはサッカーのスキルと知識だけだった元プロサッカー選手のセカンドキャリアを描くヒューマンドラマです。

ある日突然の引退、サッカーを諦めきれないものの大切な家族のために真っ直ぐに努力していく主人公を、綾野剛さんが全力で演じています。

実力派俳優が揃っている上、毎話豪華なゲスト俳優も出演します。

ドラマだけではなく、スポーツ好きにも堪らないストーリーが展開されます。

「オールドルーキー」は、Paraviで1話から最終回までフルで楽しむことができます。

ぜひParaviで全話を見て、泣いて笑って感動してください!