2022年最新ドラマ/映画/電子書籍/バラエティをお得にお届け!HIKKOSHI ▶ MOVIE!

六本木クラス視聴率速報|ダサい!炎上!ヤバい理由で逆に…!?

六本木クラス タイトル

 

動画配達員
六本木クラスは、
大ヒット韓国ドラマ「梨泰院クラス」の
ジャパン・オリジナル版!
ドラマ「六本木クラス」は、大ヒット韓国ドラマ「梨泰院クラス」のジャパン・オリジナル版として注目の作品です。
絶望の淵に立たされた青年が復讐を誓い、金と権力を振りかざしている巨大企業に屈せず仲間と一緒に立ち向かっていく下剋上が描かれます。
さらにラブストーリー・青春群像劇も交錯した、究極のエンターテイメントとしても見どころいっぱいです。
「六本木クラス」の視聴率はどのようになっていくのか、気になります!
この記事では、ドラマ「六本木クラス」の視聴率速報を随時更新していきます。
あわせてダサいという噂や炎上騒ぎについてもご紹介します。

六本木クラス|視聴率速報

ドラマ「六本木クラス」の視聴率を、放送直後から随時更新・どんな遷移をしていくのか確認していきましょう!

放送回 放送日 地上波視聴率
第1回 2022年7月7日 9.6%
初回好調!
第2回 2022年7月14日 8.6%
1.0P 大幅ダウン!
第3回 2022年7月21日 7.0%
1.6P さらに下降!
第4回 2022年7月28日 8.1%
0.4Pアップ! 上昇傾向!?
第5回 2022年8月4日 9.1%
1.0P 大幅アップ!人気作に?
第6回
第7回
第8回
第9回
第10回
第11回
第12回
第13回

※ ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム

 

放送前のヤバい理由

ダサい

ドラマ「六本木クラス」は、制作発表当初からすでに様々な批判の声があがっていました。

2020年にネットフリックスで世界的に大ヒットした「梨泰院クラス」の日本版リメイクが「六本木クラス」です。

すでに2年も前から大人気の作品を、今さら日本版で制作するのは遅すぎるしダサいと言われてしまいました。

今さら二番煎じを見せられても、面白さは感じないということですね。

「六本木クラス」のディザー広告やポスタービジュアルなどもイマイチで、オリジナリティがなくそのまま「梨泰院クラス」を持ってきたような印象もあったようです。

ナレーションや演出にも、どこかチープな感じが否めないところがあり、今さら感を強く与えてしまう結果になりました。

演出などの安っぽさの原因は、制作費の圧倒的な金額の差も影響していると思われます。

ネットフリックスは世界トレンドにもなる作品をどんどん作る韓国ドラマに制作費を惜しみなく投入しており、1作品の制作費予算は最高30億円にものぼるといわれています。

「梨泰院クラス」の制作費は非公表ですが、一部では10億円以上も投入されていると噂されています。

一方の「六本木クラス」は、制作費の予算は約2500万円と発表されているところからも、ドラマに掛けられるお金は限られています。

それでは中途半端に安っぽい作品が出来てしまうのでは…という懸念を受けてしまうのも無理はありません。

ストーリーで突出して面白くなるのかという点でも、発表時点から放送までの経緯で「梨泰院クラス」の模倣にしか思えない情報しか出てこなかったところも悪影響を与えました。

そもそもドラマ「六本木クラス」の原作が、「梨泰院クラス」の原作漫画のローカライズ(翻案)で舞台が韓国の梨泰院から六本木に変わっただけなので、大きな変化を感じることはありません。

「梨泰院クラス」の制作陣との日韓共同プロジェクトという点でも、目新しさを打ち出せるかといったら難しいことが容易に予想されてしまいます。

そんなドラマはダサいとされてしまっているのだと思います。

日本ドラマでウケそうな恋愛要素に流れてしまい、下剋上というメインテーマがどうせぼやけてしまうからダサいという意見もありました。

さらに海外の大ヒットドラマをそのまま持ってきて、人気や視聴率を稼ごうとする姿勢にもダサいという批判があるのだと思います。

どうせなら企画から制作までオリジナリティあふれる良作なドラマを作れないのかという気持ちにもさせられてしまいます。

制作のテレビ朝日のドラマは面白くないと言われてしまうかもしれません。

海外の人気ドラマを日本でリメイクして、コケてしまったドラマがたくさんある中で、今なぜ「梨泰院クラス」をリメイクするのかという疑問が確かにあることは間違いありません。

炎上

ドラマ「六本木クラス」では、ネットで炎上していることも多数見受けられます。

何よりも本家の韓国ドラマ「梨泰院クラス」のイメージを壊してくれるなという、ファンの強い意向です。

日本には「梨泰院クラス」のファンがたくさんいるので、その印象をぶち壊されてはたまらないということですね。

これはリメイク作品にはつきものですが、特に今回の「六本木クラス」では大きな声となってあがっています。

2020年放送で、2年経った今でもネットフリックスでトップ10に入っている人気作です。

わざわざ日本版を制作して、自分達が大切にしている作品世界が変わってしまったり評価が相対的に下がるのは好ましくありません。

タイトルに使用されている、『六本木』が場所的に違和感があるという意見もあります。

もっと他にピッタリくるところはなかったのかという口コミが多数あがっています。

『梨泰院』を『六本木』に変えただけという単純さも、本家ファンからは気に入らない点だったようです。

ただ、本家の『梨泰院』も韓国ではダサい場所らしいのですが…

映像的にもあまり良くないという批判があります。

安っぽい映像で、見劣りしてしまうというのです。

主演の竹内涼真さんの髪形や主要キャストの平手友梨奈さんの髪形にも、非難が集まっています。

竹内涼真さんは、「梨泰院クラス」の主人公・パクセロイのトレードマークであるいがぐり頭を真似たような摩訶不思議な髪型なので短髪というのも違う髪形になっています。

平手友梨奈さんも、ヒロイン・チョイソと同じ、ボブヘアの下半分が金髪というのをそのまま持ってきた髪形になっています。

2人ともどうも似合っていないところがあって、これは違うと炎上してしまいました。

新木優子さんのウィッグヘアもかなり炎上しましたね。

香川照之さんが土下座をさせる予告動画も流れ、「半沢直樹」と同じだと大反発も買っています。

 

放送後の反応

肯定派

ドラマ「六本木クラス」の初回放送では、肯定派が続出しました。

意外にも韓国ドラマ「梨泰院クラス」に忠実で良かったという評判が多かったのです。

特に竹内涼真さんが演じる主人公・宮部新が、同級生役の早乙女太一さんを殴る場面では、雨が降りしきっているシチュエーションが「梨泰院クラス」と同じで良かったとされています。

さらに新木優子さん演じる楠木優香の好演が光っていました。

SNSでは、「六本木クラス」めっちゃ忠実・キャスティングの解釈が一致していると上々の評判を受けました。

違和感

一方でやはり放送後、違和感を覚える人もいました。

竹内涼真さんの「梨泰院クラス」の主人公のいがぐり頭に近い髪形が、そこまで真似る必要があるのかやクソダサいと酷評を受けてしまいました。

竹内涼真さんほどのイケメンならどんな髪形でも似合いそうですが、確かに「六本木クラス」の髪形はあまりにも中途半端ですね。

ネットニュースでもこの違和感について、取り上げられてしまっています。

 

「カメラワークなども韓国版をかなり忠実に再現しているようなシーンもあり、《梨泰院クラスに寄せすぎ 見る意味あるかこれw》などと視聴者がリアクションしています。

製作陣は『六本木クラス』が韓国版とかけ離れた作品になり視聴者の反感を買うのを恐れているのかもしれませんが、あまりに韓国版を意識しすぎているようにも思えます。本家を意識しつつも日本版ならではのオリジナリティが今後出てくると良いのですが……」

引用:女性自身

 

本家の韓国ドラマ「梨泰院クラス」を忠実に再現しても、目新しさを感じることはできません。

遠のきすぎてもファンからクレームが来そうです。

大ヒットドラマのリメイクは本当に難しいですね。

実際の放送後は賛否両論となった「六本木クラス」ですが、視聴率はまずまずです。

今後、どんな風に推移していくのか、注目していきたいですね!

 

話題ドラマの視聴率速報

 

日曜劇場「オールドルーキー」

  動画配達員 綾野剛主演・オールドルーキー、 視聴率が気になるね! 日曜劇場「オールドルーキー」、綾野剛さんが突然現役引退となり戸惑いながらもセカンドキャリアに挑戦していくヒューマンドラマです[…]

オールドルーキータイトル

 

「ユニコーンに乗って」

  動画配達員 永野芽衣が若き女性CEO! やってきたおじさん部下は、 西島秀俊! 視聴率はどうなる!? ドラマ「ユニコーンに乗って」は、仕事や恋に奮闘しながらも、夢に向かって真っすぐに[…]

ユニコーンに乗って タイトル

 

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

  大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は、大河3作目の三谷幸喜さんが脚本を担当しています。 キャッチコピーは『三谷幸喜が贈る予測不能エンターテイメント』! 常に高視聴率を叩き出している三谷作品、視聴率が気になり[…]

鎌倉殿ヘッド06

 

連続テレビ小説「ちむどんどん」

  「ちむどんどん」は、沖縄の本土復帰50年を記念して作られた、沖縄料理に夢を掛けるヒロインの物語です。 物語は本土復帰前の沖縄本島北部のやんばる地区で、食べることが大好きなヒロイン・比嘉暢子の幼少期から始まり[…]

ちむどんどん視聴率タイトル画像

 

月9ドラマ「元彼の遺言状」

※ 本記事の内容は2022年4月19日の時点の情報です。   動画配達員 綾瀬はるか主演!主要キャストに大泉洋! 綾瀬はるかさんが初の弁護士役をつとめる月9ドラマ「元彼の遺言[…]

元彼の遺言状視聴率記事ヘッド

 

日曜劇場「マイファミリー」

  動画配達員 日曜劇場「マイファミリー」の 視聴率推移を一覧で見ていくよ! 日曜劇場「マイファミリー」は時代の寵児と呼ばれるゲーム会社の社長・鳴沢温人(なるさわ はると)と妻の未知留(なるさわ[…]

マイファミリー視聴率ヘッド画像

 

「悪女(わる)」

  ドラマ「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」は、連載完結から25年も経った現在でも人気がある奇跡のロングセラー漫画が原作です。 男女平等が進んだ今でもまだ、女性の「生きづらさ」「働きづらさ[…]

悪女視聴率タイトル画像

 

「やんごとなき一族」

  ※ 本記事の内容は2022年4月23日現在の情報です。   ドラマ「やんごとなき一族」は、上流階級の豪華絢爛で魑魅魍魎の世界へ飛び込んだ、庶民の佐都がさまざまな困難を乗り越え[…]

やんごとなき一族視聴率タイトル画像

 

まとめ

この記事では、ドラマ「六本木クラス」の視聴率速報や、ダサい・炎上についてご紹介しています。

ドラマの人気の指標としては、視聴率は信頼性の高いものです。

「六本木クラス」もどこまで視聴率が伸びていくのか、気になるところですので本記事をぜひご覧ください。

最新情報は随時更新していきますので、お楽しみに!